iPhone テザリングをUSBで接続する

iPhoneとWindows MacなどPCをテザリングで接続したい場合にUSBテザリングを使うこともできます。USB Lightning ケーブルを使うためiPadなどは使えませんがスピードもそこそこ達成できます。





USB テザリング

 
出先でPCやiPadを使いたい時、iPhoneは電話回線でつながっていてるならUSB Lightning ケーブルでテザリングができます。

 

 

USBテザリングのデメリット

  • USBポートの関係でWindowsかMac PCに限定され、iPadなどではできない
  • Windowsの場合はiTunesをインストールしておく手間がかかる
 

メリット

  • Wi-fi経由のテザリングよりも安定していて早い場合もある
  • 同時にiPhoneも充電されるのですが、これはある意味バッテリー劣化の要因になってしまう可能性があり、バッテリーが熱くなっていないか注意が必要です。
iPhoneのリチウムイオンバッテリーは何度も充電ができて便利ですが、繰り返すと劣化していずれ寿命になります。 なんとか長持ち...

 

iPhone側のテザリング設定

 
マスター(親機)になるiPhone側の設定、
最初に「インターネット共有」に入ります。

「インターネット共有」をオンにします。

ワーニングが表示されるかもしれませんが、「USBのみ」を選択タップします。

 

Windows側のテザリング設定

 
Slave(子機)側の設定です。
Windowsの場合は基本的にAppleのiTunesを入れておいた方が問題がないので、入っていない場合はインストールしておきます。

AppleのiPhoneを持っている人は多いと思いますが、Macを持っている人はWindowsほどではないでしょう。iPhoneで撮った写真...

Lightning ケーブルをiPhoneとWindows PCに接続します。
この時に、必ず先にWindows PCの電源を入れてからiPhoneを接続するようにします。逆の場合にiPhoneのバッテリーが消費されることがあります。

iPhoneにこのコンピュータを信頼するか訪ねてきます。
「信頼」をタップ

確認のためパスコード入力を求められることもあります。

これで、iTunesが起動して画像やカメラロールなどのライブラリが立ち上がるかもしれませんが無視して、ネットワークに接続します。

USBテザリングが起動している場合は、iPhoneの時刻が青色に、

あるいは、長円2つのテザリングアイコンになります。

 

Macのテザリング設定

 
Macのテザリングと言っても、何もすることがありません。

Lightning ケーブルをiPhoneとMacに接続するだけです。

この時に、必ず先にWindows PCの電源を入れてからiPhoneを接続するようにします。逆の場合にiPhoneのバッテリーが消費されることがあります。

ネットワーク環境を開くと確かに「iPhone USB」接続済みとなっています。

References:
iPhone や iPad でインターネット共有を設定する方法 – Apple
iPhone または iPad (Wi-Fi + Cellular) でインターネット共有が機能しない場合 – Apple

ブックマークしておきましょう
このエントリーをはてなブックマークに追加

AirPods
AirPods Pro
ケースカバー


キズや衝撃から守るシリコン素材




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする