Apple Watch 電源を入れる・切る、強制再起動、リセットさせる

アップル ウォッチの電源を切る時に、ついついデジタル・クラウンを押してしまうのは私だけでしょうか。
使い始めの基本的なところの電源オン・オフと緊急時の強制再起動、リセットについて確認しておきましょう。
 





電源の入り切り

 
Apple Watchにはボタンが2つあります。それらをうまく使っていきたいとことですが、まずは電源を入れたり切ったりができないと困りますね。

先日、文字盤からホーム画面に移動しない、電源オフも機能しないことがありました。なんとか強制再起動(リセット)で復旧しました(汗
 

 

Apple Watch の電源オン

 
電源を入れるときは、サイドボタンを長押しします。しばらくしてApple ロゴが現れ、Apple Watchが開始します。
 

 
電源が入り文字盤が表示されます。
 

Apple Watch の電源オフ

 
電源を切る時はサイドボタンを長押しで電源オフの画面になり、そこから
(軽く押すだけだとドックが表示されます)
「電源オフ」スライダを右にドラッグして電源を切ります。
 

 
充電中は電源を切れません。充電器を外してから電源オフにしてください。
 

緊急SOS

 
サイドボタンの長押しで電源オフと一緒に、緊急SOSのスライダが表示されます。
 
「緊急 SOS」スライダをドラッグすると連絡先が表示され、いずれかを選択すると110番、119番等に電話かかかります。
 
 

強制再起動

 
Apple Watch が何か固まったり、通常の電源オフができない事態では、強制的に再起動することができます。
サイドボタンと デジタルクラウン を両方とも一緒に 10 秒以上押したままにして
 

 
Apple ロゴが表示されたら両方のボタンを放します。
注意点として、充電残量が少ないと機能できないので充電させておきます。
 

ボタン機能のまとめ

 
デジタルクラウンとサイドボタンの使い方をまとめてみます。
 

 
サイドボタン:
  • スリープから1回押すと、スリープが解除され以前の画面
  • 1回押しでDocを表示・非表示
  • 2回連続でApple Pay
  • 長押しして、Apple Watch 電源の入り切り

デジタルクラウン:

  • デジタルクラウン(Degital Button あるいはHome Button)をスリープから1回押すと、スリープが解除され以前の画面になる
  • 2回押すと、最後に使っていたアプリに戻る
  • 長押しするとSiriが呼ばれる
  • デジタルクラウンは回す事ができます。色々な場面で選択内容の変更や内容をスクロールして変更したり拡大縮小ができる

 
 
References:
Apple Watch の電源を入れる/スリープを解除する – Apple サポート
Apple Watch を再起動する方法 – Apple サポート

ブックマークしておきましょう
このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホの下取り

まだ1年も使っていないiPhoneを新機種に変えたくて下取りしようとお店に持ち込んだことがありますが、結局なんだかんだと思ったほどの金額になりませんでした。

このネットオフは専業のため高額買取が可能で、お店に行く時間が無い人にとっては送料無料の宅配便が自宅まで引取りに来てくれるのは助かります。

定額買取キャンペーン中であればキズがあっても付属品が無くても減額なしでお得です。」


Apple Watch Series4 は安いものでも約5万円からですが、以前はApple Watch Editionというのが20…

価格と機能性から自分に合ったものを選びたいところですが Apple Watchの種類が多すぎてよくわからないですね…それぞれの機…






【モバイルバッテリー iPhone 大容量 ワイヤレス充電 Qi】
モバイルバッテリー ワイヤレス充電 大容量 10000mAh Qi iPhone 急速充電 充電器 ワイヤレス充電器 軽量 実効容量 急速 バッテリー おしゃれ ガラス画面


(注)新モデルのAirPods(第2世代)が発売されました!
Amazonでは新モデルをAppleから購入できますが、それ以外はしばらくは旧型になります。

【アップル純正ワイヤレスイヤホン】
Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン
Bluetooth対応 マイク付き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする