Apple Watch 電源を入れる・切る、強制終了させる

アップル ウォッチの電源を切る時に、ついついデジタル・クラウンを押してしまうのは私だけでしょうか。
使い始めの基本的なところの電源オン・オフと緊急時の強制再起動について確認しておきましょう。
 





電源の入り切り

 
Apple Watchにはボタンが2つあります。それらをうまく使っていきたいとことですが、まずは電源を入れたり切ったりができないと困りますね。
 

 

Apple Watch の電源オン

 
電源を入れるときは、サイドボタンを長押しします。しばらくしてApple ロゴが現れ、Apple Watchが開始します。
 

 
電源が入り文字盤が表示されます。
 

Apple Watch の電源オフ

 
電源を切る時はサイドボタンを長押しで電源オフの画面になり、そこから
(軽く押すだけだとドックが表示されます)
「電源オフ」スライダを右にドラッグして電源を切ります。
 

 
充電中は電源を切れません。充電器を外してから電源オフにしてください。
 

緊急SOS

 
サイドボタンの長押しで電源オフと一緒に、緊急SOSのスライダが表示されます。
 
「緊急 SOS」スライダをドラッグすると連絡先が表示され、いずれかを選択すると110番、119番等に電話かかかります。
 
 

強制再起動

 
Apple Watch が何か固まったり、通常の電源オフができない事態では、強制的に再起動することができます。
サイドボタンと デジタルクラウン を両方とも一緒に 10 秒以上押したままにして
 

 
Apple ロゴが表示されたら両方のボタンを放します。
 

ボタン機能

 
デジタルクラウンとサイドボタンの使い方をまとめてみます。
 

 
サイドボタン:
  • スリープから1回押すと、スリープが解除され以前の画面
  • 1回押しでDocを表示・非表示
  • 2回連続でApple Pay
  • 長押しして、Apple Watch 電源の入り切り

デジタルクラウン:

  • デジタルクラウン(Degital Button あるいはHome Button)をスリープから1回押すと、スリープが解除され以前の画面になる
  • 2回押すと、最後に使っていたアプリに戻る
  • 長押しするとSiriが呼ばれる
  • デジタルクラウンは回す事ができます。色々な場面で選択内容の変更や内容をスクロールして変更したり拡大縮小ができる

 
 
References:
Apple Watch の電源を入れる/スリープを解除する – Apple サポート
Apple Watch を再起動する方法 – Apple サポート

ブックマークしておきましょう
このエントリーをはてなブックマークに追加





 
Qi ワイヤレス充電
10000mAh
充電バッテリー
 


 
大人気のスマホをガブッとかじっちゃう!かわいい奴ら!!iPhoneケーブルの断線保護に
ケーブルバイト カメレオン
 


 
Bose SoundLink Micro Bluetooth speaker ポータブルワイヤレススピーカー ブラック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする