Apple Watch を「iPhoneを探す」で見つけるには

「「iPhone を探す」を使えば、行方不明の Apple Watch を探し、保護することができます。また「紛失モード」を使ってApple Watchを操作できないようにロックをかけることもできます。





Apple Watchを探す

Apple Watchを失くしたら、すぐに「iPhoneを探す」アプリを起動しましょう。

それ以前にそのアプリの設定をしておかないといけないのですが、とりあえず「紛失モード」を設定するのが最初にやることです。
 

 

「iPhoneを探す」アプリの設定

 
このアプリは元々iPhoneに入っていますが、オンにしておかないといけません。紛失してからでは設定して探せないので

「iPhone を探す」を設定:
iOSのバージョンが低い場合はアップデートしておきましょう。

「設定」アイコンをタップして起動

「Apple ID」をタップ

「iCloud」を選択

「iPhoneを探す」があります
これがオフであればタップしてオンにします。

これで「iPhoneを探す」アプリが設定されました。

アクティベーションロックのおかげで、本来の持ち主の Apple ID とパスワードがなければ、第三者が Apple Watch を消去し、自分の iPhone で使うことはできません。

 

「iPhoneを探す」からApple Watchを探す

 
Apple WatchとペアリングしていたiPhoneから「iPhoneを探す」を起動します。

このiPhoneのApple IDで紐づけられているApple Watchなどのデバイスの位置が地上に確認できます。

またその位置を特定している時間が重要です。
あくまでその時間の位置を示しているので、昨日の時刻と今現在では意味が異なります。

例えばAirPodsは違う場所の位置を指していますが、実は手元にあります。ケースに入れっぱなしで通信をしていなかったからです。

Apple Watchのモデルにより現在位置を取得できる条件は異なります。

  • Apple Watch Series 4と3の (GPS + Cellular)モデル:
    • GPS、WiFi、モバイルデータ通信接続によって自分の位置を知らせてくれる
    • ビルの地下など電波が遮断された場合は難しい
  • Apple Watch Series 4と3の (GPS)モデル:
    • GPS、WiFiが利用できれば位置情報を取得できます
    • GPSで取得した位置を送る手段がWiFiのみ

Apple Watchをタップします。

地図が拡大されました。交番の近くにあるようです。

地図で現在位置を確認できないときは、「iPohneを探す」設定を事前にしてなかった、GPSモデルで近くに使えるWiFiが無い、電波が通じない場所にあるなどが考えられます。

「アクション」の選択が下にあるのでタップ

より拡大した地図と、アクションを選択できます。

  • サウンドを再生
    • 近くにApple Watchがあれば音を鳴らして場所を特定できる
  • 紛失モード
    • Apple Watchロックして電話番号を記したカスタムメッセージを Apple Watch に送信できる
  • Watchを消去
    • 既に使っていないなどで消去するケース
 

iCloudで探す

 
iPhoneがない場合はiCloudを使うこともできます。
 
iCloud.comを使えるようにするにはMacの場合
 

Apple IDが共通であればMacから iCloud を経由してiPhoneの写真やドキュメントをやりとりができます。まずはMacからiC...
 
Windowsでもできます
 
Apple IDが共通であればAppleのMacやiPhoneなどで写真やドキュメントをiCloudを使って共有することができます。Macと...
 
サインインします。

Apple ID でサインインしますが、2ファクタ認証に入っていればiPhoneにパスコードが送られてくるのでそれを入れます。

「iPhone を探す」を選択します。

サインイン

「すべてのデバイス」を選択し、Apple Watch をクリックします。

「iPhoneを探す」と同様にアクションの選択ができます

 

紛失モード

 
以降はiPhoneでの設定ですが iCloud.com も同じようにできます。

「紛失モード」を選択

「紛失モードをオンにする…」を選択

4桁のパスコードを設定します。その確認のため再度パスコードを入力

オプションですが、拾った人に電話して欲しければその番号を入力して「次へ」

拾った人に伝えるメッセージです。メッセージを変えることもできます。「完了」

これでApple Watchの画面はこのようになります。
パスコードを入れないと使えません。

紛失モードの解除:
解除のやり方は、アクションの「紛失モード」を再度タップします。

これで「iPhoneを探す」アプリの紛失モードは解除されます。

Apple Watchは「パスコード」を設定したままでApple Watchで解除しないと毎回パスコードを要求されます。

ホーム画面からアプリ一覧リスト(あるいはグリッド画面)から「設定」を選択

「パスコード」を選択

「パスコードをオフにする」をタップしてパスコードを入力して解除されます。

Apple Watch の位置が地図上に表示されない場合や「iPhone を探す」を有効にしていなかった場合でもこの紛失モードにすると
「iPhone を探す」をオフにしたり、Apple Watch を消去したり、別の iPhone とペアリングしたりすることはできなくなります。

また、警察に届けるときはシリアル番号が必要になります。
「一般」>「情報」の順にタップし、下にスクロールすると「シリアル番号」があります。
 
 
References:
Apple Watch を紛失した場合や盗難に遭った場合 – Apple サポート
iPhone、iPad、Mac、Apple Watch を探す – Apple サポート 公式サイト
すべてのデバイスで「iPhone を探す」を設定する – Apple サポート
iCloud: 紛失モードを使用してデバイスをロックおよび追跡する(iPhoneを探す)

ブックマークしておきましょう
このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホの下取り

まだ1年も使っていないiPhoneを新機種に変えたくて下取りしようとお店に持ち込んだことがありますが、結局なんだかんだと思ったほどの金額になりませんでした。

このネットオフは専業のため高額買取が可能で、お店に行く時間が無い人にとっては送料無料の宅配便が自宅まで引取りに来てくれるのは助かります。

定額買取キャンペーン中であればキズがあっても付属品が無くても減額なしでお得です。」


Apple Watch Series4 は安いものでも約5万円からですが、以前はApple Watch …

Apple Watch Hermès
価格と機能性から自分に合ったものを選びたいところですが Apple Watchの種類が多すぎてよ…






【モバイルバッテリー iPhone 大容量 ワイヤレス充電 Qi】
モバイルバッテリー ワイヤレス充電 大容量 10000mAh Qi iPhone 急速充電 充電器 ワイヤレス充電器 軽量 実効容量 急速 バッテリー おしゃれ ガラス画面

【アップル純正ワイヤレスイヤホン】
Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする