「iPhoneを探す」アプリでAirPodsなど他のApple製品を探す

iPhoneに最初から入っている「iPhoneをさがす」アプリから同じAppleIDで登録したAppleのデバイスを探すことができます。もちろんAirPodsも探せます。
 


 




AirPodsが見当たらない(汗

 
先日のことAirPodsが行方不明になりました。
 
バッグの中にもポケットにもAirPodsがありません、小さいので結構どこかに置き忘れたかとあせりました。そう言えば探せたはず!とさっそくアプリで検索しました。
 

 

iPhoneを探すアプリの設定

 
このアプリは元々iPhoneに入っています。ただし残念ながら無くなってなってから設定しても探せないので注意です。気がついたらすぐにやっときましょう。
 

 
「iPhone を探す」を設定:
 
iOSのバージョンが低い場合はアップデートします。
「iPhoneを探す」アプリを設定します。
 
以降はアプリを初めて設定する場合です。
 
「設定」「Apple ID」

 
「iCloud」を選択
 

 
「iPhoneを探す」をタップ
 

 
オフになっているのでオンにします。
 

 
パスワードを入れて「iPhoneを探す」「最後の位置情報を送信」を以下のようにオンにします。
 

 
これで設定終了しました。
 

iPhoneを探すアプリを使う

 
ホーム画面に「iPhoneを探す」アプリがありますので起動します
 

 
アプリを起動すると
 
AppleのMacやApple WatchなどAppleデバイスのステータスが表示されます。
 

 
  今使っているiOSデバイス(iPhoneなど)を指しています。
 
  グリーンは現在オンラインでつながっているので、音を鳴らしたりできます。
 
  通信できない状態です。例えば電源が切れている、電波が届かないところにある、充電ケースに入っているなどです。
  • Apple Watch:
    • 「6分前」に確認されていて「0km」となっています。現在腕にはめているのでその通りです。
  • AirPods:
    • 左のチェックマークがグレーになっているので通信できない状態です。
    • 「一昨日 13:26」とあるので昨日の午後1時が最後の通信だったようです。
    • 「2km」とありますので、今の場所から最後に通信していた場所まで2km離れているということです。
更に詳細を調べるためAirPodsの欄をタップすると、地図が現れました。
 

 
〇〇交番とあります(汗
そうですね、昨日の午後1時頃に交番近くのオフィスにいました。(交番ではありません、多分)
 
ということで、AirPodsを探し出して事なきとなり一見落着でした。(冷汗
 

AirPodsの音を鳴らす

 
AirPodsと通信できるのに見当たらない場合は(左の丸が緑色)、AirPodsをタップしアクションから左右のAirPodを個別に音を鳴らせます。ソファーの下とかあればすぐにわかりますね。

AirPodsがグリーンであれば現在オンラインでつながっているので、AirPodsを選び

  • 「アクション」「サウンドを再生」の順に選択
  • AirPods が左右別々であれば、「消音:左」「消音:右」を選択
  • AirPods が見つかったら、「再生停止」します。
(因みにビル街なのでGPSの反射のせいでしょう、位置が違うビルになっています)
 

AirPodsを見つけても

 
仮に自分のAirPodsがどこかで落ちていたとして、拾った人がそれを使っていたとしても、これは自分の者と主張できないかもしれません。名前書いてないし…
 
ということで、いっそシールでもして自分だけのオリジナルにしたらどうでしょうか
 

AirPods デザインスキンシール
AirPods専用 オシャレに着飾るデザインステッカー

 

AirPodsを無くさないようにするには

 
結構AirPodsを無くす人が多いように思いますし、自分でも無くしやすいと感じます。ただのイヤホンだとこんなことは絶対ないでしょうね。
 
ということで、無くさないためには、AirPodsにネックストラップを付けるとかするのはどうでしょう。ストラップをつけるとよくあるBluetoothイヤホンのようになりますが、まあ本体価格の1/10程度なので格安です。

AirPods ストラップ
Apple AirPods 用 ネックストラップ 落下防止 ケーブル



 
あるいは、充電ケースはケースに入れるとかするといいかもしれません

AirPods ケース
AirPods 携帯に便利なカバーケース各種
収納バッグ 落下防止 革製

 

片方だけ無くした

 
完全ワイヤレスイヤホンなので、片方だけ失くしてしまうことがあります。これで新しく丸ごと買い直すのは痛いですが、Appleでは片方だけとか充電ケースだけ販売してくれます。
 
但し、Apple所定の修理サービスに申し込む必要があります。費用は、
AirPods の修理/交換料金

モデル バッテリーサービス 保証対象外修理サービス料金 紛失
AirPods 5,800 円 (片方) 7,800 円 (片方) 7,800 円 (片方)
充電ケース 5,800 円 7,800 円 7,800 円

 
紛失の場合は、Apple 正規サービスプロバイダまたは Apple Store 直営店へ製品を直接持ち込みます。
また、あらかじめ下記の「修理サービスを申し込む」リンクからの予約が必要です。
 
修理サービスを申し込む
AirPods の修理サービス
 
バラで買ってしまうという事もできそうです。

AirPods バラ売り
AirPods 充電ケース バラ売り
Apple 純正 国内正規品 AirPods 完全ワイヤレスイヤホン
Bluetooth対応 MMEF2J/A


片方だけ購入した後は再設定が必要です。
 

AirPodsの片側だけあるいは充電ケースだけでも入手・購入はできますが、そのままでは使えません。リセットを行い、設定方法はちょっと通常とは...
 
 

関連ページ:

 
References:
AirPods をなくした場合 – Apple サポート – Apple Support
AirPods – Apple(日本)
AirPods を使う – Apple サポート – Apple Support
AirPods サポート – Apple サポート 公式サイト – Apple Support
AirPods の修理サービス

ブックマークしておきましょう
このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホの下取り

まだ1年も使っていないiPhoneを新機種に変えたくて下取りしようとお店に持ち込んだことがありますが、結局なんだかんだと思ったほどの金額になりませんでした。

このネットオフは専業のため高額買取が可能で、お店に行く時間が無い人にとっては送料無料の宅配便が自宅まで引取りに来てくれるのは助かります。

定額買取キャンペーン中であればキズがあっても付属品が無くても減額なしでお得です。」


Apple Watch Series4 は安いものでも約5万円からですが、以前はApple Watch Editionというのが20…

価格と機能性から自分に合ったものを選びたいところですが Apple Watchの種類が多すぎてよくわからないですね…それぞれの機…






【モバイルバッテリー iPhone 大容量 ワイヤレス充電 Qi】
モバイルバッテリー ワイヤレス充電 大容量 10000mAh Qi iPhone 急速充電 充電器 ワイヤレス充電器 軽量 実効容量 急速 バッテリー おしゃれ ガラス画面


(注)新モデルのAirPods(第2世代)が発売されました!
Amazonでは新モデルをAppleから購入できますが、それ以外はしばらくは旧型になります。

【アップル純正ワイヤレスイヤホン】
Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン
Bluetooth対応 マイク付き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする