AirPods バッテリー残量を表示

AirPodsのバッテリー情報が分かりにくいですね。充電ケースを開くと表示されるとは言いますが、すぐに表示されないことが多い
 

iPhone 7

AirPodsの充電

 
Appleの説明では

  • AirPods は 1 回の充電で最大 5 時間の再生が可能
  • ケースで何度か充電しながらであれば、24 時間以上の再生が可能
  • AirPods をケースに入れて 15 分間の充電で、最大 3 時間の再生が可能
  • AirPod のバッテリー残量が少なくなると、片方または両方の AirPods で音が鳴る。バッテリー残量が少なくなると 1 回鳴り、AirPods の電源が切れてしまう直前に 2 回目の音が鳴る

ということですが、24時間音楽を聞き続けることは無いとは思いますが、途中段階でのバッテリー残量が分かりにくいです。

 

充電ケースを開く

 
Appleの説明では
iPhone で、AirPods が中に入ったままケースの蓋を開け、ケースごとデバイスに近づけて持ちます。数秒間待つと、AirPods と充電ケースの充電状況が表示されます。
 
確かにバッテリー残量が表示される時もあります。ずっと待っても出てこないときもあります。
 

 

ウィジェットで確認

 
ウィジェットから確認することができます。
AirPods と充電ケースの充電状況は、iOS デバイスの「バッテリー」ウィジェットでも確認できます。ケースの充電状況は、少なくとも片方の AirPod がケースに入っていないと表示されません。
 

 
これは手間がかかりますが確実です。AirPodsだけではなくApple WatchなどiPhoneと連携しているApple関連のバッテリー情報が見えます。
 
ところでウィジェットとはどうすれば表示できるのでしょう
 
iPhoneのトップ画面を左から右にスワイプすると出てくる画面です。
 

 
「編集」から表示させたい項目を選びます。ここでは「バッテリー」をチョイス
 

 
これでウィジェットでバッテリー残量を確認することができます。

 

Macから確認

 
この場合はAirPodsとMacがペアリングされて接続されていないといけません。
 
「システム環境設定」からBluetoothの項目を探します。
 

 
接続されていることを確認して、「メニューバーにBluetoothを表示」にチェックを入れます。
これでメニューバーのBluetoothのアイコンからAirPodsのバッテリー状況がわかります。
 

 
尚、このケースでは充電ケースから全て出しておきます。

 

Apple Watchで確認

 
Apple Watchでもバッテリー残量を見ることができます。
 
普通にApple Watchのバッテリー残量を確認すると、下のほうにAirPodsも見えてきます。
 

 


ページのトップへ戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする