AirPods で音切れ・音飛びが起きたときにやってみる2つのこと

Bluetoothイヤホンで音切れが起きるというのをよく聞くのだけど、こちとら純正のAirPodsだからAAC圧縮なので問題ないと思っていたら、先日とうとう音切れ・音飛びが起きてしまいました(涙
 





AirPodsの音切れ

 
iPhoneとAirPodsでできることを2つやってみましょう。再接続と再ペアリングです。

私の場合は、再度ペアリングし直して復旧しました。再ペアは定石ですね。
また、片方だけ音が出ないという症状もあるようです。
 
ついでに、Bluetoothでペアリングできないとか、音切れとかどういった状況で起きるのでしょうか。ちょっとだけ調べてみました。
 

 

再接続

 
iPhneとAirPodsの充電がある程度ある事を確認します。特にAirPodsのバッテリー残量が少ないために切れていないかのチェックです。パワー不足で音切れなのかもしれませんので…
 
AirPodsのバッテリー情報が分かりにくいですね。充電ケースを開くと表示されるとは言いますが、すぐに表示されないことが多い    ...
 
次に、AirPodsのBluetooth接続を切断します。
AirPods2つを充電ケースに入れて蓋をします。
設定」のアイコンを探します。
 

Bluetooth」をタップして中に入ります。
 

 
AirPodsが「未接続」であることを確認します。
もしも接続したままであればタップして接続を切ります。
 

 
接続が一旦きれたので、再接続させるためAirPodsの蓋を開きます。
通常自動的に接続しますが、「未接続」のままであればそれをタップ
 
接続済み」になっていることを確認
 

 
これでAirPodsの音切れ・音飛びが無いか試してみます。
 
Bluetoothオン/オフ:
また、「Bluetooth」の緑のスイッチを一旦オフにして、入れ直してオンとし接続し直してみることもやってみましょう。
 
iPhoneの再起動:
iPhoneの電源を切り再度入れなおしてみます。尚、これをした後に今までの対策をもう一度やってみることで直ることもあります。
 
もしこれでも解決しない場合は次の再ペアリングを試します。
 

再ペアリングで復旧

 
私の場合は、この方法で音切れが直りました。
 
iPhoneの設定からBluetoothにあるAirPodsのペアリング設定を確認
接続情報がある ⓘアイコンをタップ
 

 
このデバイスの登録を解除」をタップして現れるダイアログの
デバイスの登録を解除」を選択します。
 

 
これでiPhoneの電源を切って再起動し、再度ペアリング接続をやり直します。
 
ケーブルの長いイヤホンで音楽聞いてるのがとにかくダサい、とAirPodsを買って最初は簡単に接続できたのですが、何かあって再ペアリング、再接...
 
 

その他の原因と対策

 
これまではiPhoneとAirPodsの設定に問題があるか、再設定による回避のための施策でしたが、原因が外部要因であることもあります。
 
電波干渉:
音切れとして考えられる一般的なことは、無線なので他の電波干渉が考えられます。
Bluetoothという無線を使っているのですがこれは2.4GHzの周波数を使っています。
これと同じ、あるいは近い、関連性がある場合に干渉が発生します。
 
例えば電子レンジからの漏れ電磁波、これは2.45GHzなので近い周波数帯でしかもある程度強い電界強度を持っていると考えられます。これは電子レンジが止まれば音切れもなくなりますのでわかりやすいです。対策としては遮蔽壁を作れればいいのですが、ある程度離れるのが簡単です。
 

 
またこの2.4~2.5GHzの周波数帯は、国際的な取り決めにより産業・科学・医療用の機器が免許不要で自由に利用できるよう開放されているため結果的に思わぬもので干渉してしまう事があります。
 
特に同じく干渉が考えられるのはコードレス電話やWiFiやなどです。
また、WiFiとBluetoothでは周波数帯だけではなく、その仕組みの違いがあります。単純にWiFiは周波数帯を占有しますが、Bluetoothは周波数ホッピングという技術を使って空いている周波数チャネルにジャンプして干渉を避けようとします。ただ、WiFiがたくさん接続していると空きが無くなってホッピングする隙間もなくなります。
 

 
そういった干渉問題を避けるために、WiFiには5GHz帯を使う規格もあります(最近は60GHz帯もでてきました)。
無線LANの国際的な標準規格は
規格 周波数帯 最大通信速度
IEEE802.11a 5GHz 54Mbps
IEEE802.11b 2.4GHz 11Mbps
IEEE802.11g 2.4GHz 54Mbps
IEEE802.11n 2.4GHz 600Mbps
5GHz 600Mbps
IEEE802.11ac 5GHz 6.9Gbps
IEEE802.11ad 60GHz 6.8Gbps

 
2.4GHzは5GHzに比べると到達距離が長くなりますが、逆に言うと周囲に影響を与えやすいとも言えます。60GHzは更に5GHzよりも到達距離が短くなります。
 
古いWiFiルーターであればこの際、せめて.11acが使えるものに変えてみましょう



 

NETGEAR WiFi 無線LAN 親機 ルーター 11ad/ac 4600+1733+800Mbps (接続推奨 最大72台) Nighthawk R9000-100JPS
 

私の場合、Apple Watchを操作すると音切れがひどくなったりしていたので、同じBluetoothで影響していたようでした。周りにBluetoothデバイスがたくさんあることで干渉したのかもしれません。ただそういった問題を解消する設定を自動的にマスター・スレーブ間でやっていることもありますので、再設定でそれらをリセットするというのは意味があるのでしょう。
 
障害物:
電波を遮蔽する壁などがあると電波が弱くなります。電波が弱くなるとデータの欠落が起きているので音切れ・音飛びとなります。
これは障害物を避けて、iPhoneとなるべく近づけることにより改善します。
 
距離:
これは障害物と同様に電波が弱くなる為に起きるケースです。ただAirPodsはBluetoothの規格ではclass1なので100mは飛ぶポテンシャルはあることはあります。
iPhoneとAirPods最長接続範囲はどれぐらいですか? – Apple(日本)
 
障害物がなければなので、通常の都会ではビルの壁で遮蔽されてしまいます。

 

片方だけ切れる

 
恐らくこれは完全ワイヤレス型のAirPodsであるから起きる事だと思います。Bluetoothというよりもべつの事柄かもしれません。
 
近距離磁界誘導、NFMI という技術を使っているのではないかと言われます。これは電波ではなく磁界誘導を使い10MHz辺りの周波数のようです。磁界誘導であるため双方の磁束の向きが重要になります。
切れやすいと思ったら、AirPodsの向きが揃っているか、あるいは頻繁に着脱することでも結合が弱くなると思われます。
 
 

ブックマークしておきましょう
このエントリーをはてなブックマークに追加





 
Qi ワイヤレス充電
10000mAh
充電バッテリー
 


 
大人気のスマホをガブッとかじっちゃう!かわいい奴ら!!iPhoneケーブルの断線保護に
ケーブルバイト カメレオン
 


 
Bose SoundLink Micro Bluetooth speaker ポータブルワイヤレススピーカー ブラック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする