AirPods のバッテリーは2年で劣化し寿命になるかもしれない

Photo by Timothy Buck on Unsplash
Photo by Timothy Buck on Unsplash

AirPodsの発売から2年半程でAirPodsの第2世代が2019年発売されました。既に2年程度でバッテリーが経年劣化してしまった人が出ているようです。

バッテリーの劣化具合はiPhoneのように最大容量が何%という具合には表示されないので、本来の充電時間から推測するしかないので充電時間を測ってみました。




バッテリーの寿命

 
AirPodsのバッテリーは小さいし、わずか 93mWh しかありません。これはiPhone Xs Maxが12.08Whなので1/130の容量ということです。

Reference: IFIXIT

バッテリーが寿命なのかどうかは、AirPods(第2世代)の公称パフォーマンスと比較することでわかります。AirPods を充電ケースで充電する方法とバッテリーの駆動時間について

  • 1 回の充電で最大 5 時間の再生、または 3 時間の連続通話が可能
  • 15 分間の充電で最大 3 時間の再生、または 2 時間以上の連続通話が可能

例えば1回の充電で音楽再生が2時間半も持たないとか、通話時間が短くなったとかいうのはバッテリーの寿命かもしれません
 

 

バッテリーの耐用年数

 
バッテリーがどの程度保つのかは、それは使い方にもよります。

一般的にリチウムイオンバッテリーは通常500回の充放電で50%~80%(製品による)に充電可能な容量が減ると言われ1つの目安とされています。

つまり、Appleの言うパフォーマンスからすると500回ということは毎日5時間音楽を聴いて、毎日充電を繰り返すと1年と5ヶ月で残念ながら寿命になってしまいます。

例えばこちらのWilさんは、2年近く1日約2時間Airpodを使っていて、最近では約2.5時間で充電残量が無くなってしまうらしいです。
 

Airpod battery draining relatively quickly : airpods – Reddit
 
また、こちらの方は50%のバッテリー残量が10分の通話で無くなってしまうようです。
 

AirPods’ batteries have degraded a lot in just a year : airpods – Reddit
 

耐用年数を伸ばすには

 
これは簡単に言えば、企画設計を変えるしかないし、それがシンプルだと個人的に思います。
そもそものスペック、
「1 回の充電で最大 5 時間の再生」
これが、例えば10時間の再生ができるようにするようAppleさんに要望するしかないでしょう。
簡単では無いと思いますが….

バッテリーが同じ大きさで容量が10倍になれば解決します。これは希望はありそうです。
リチウムイオン電池負極の容量が10倍に、日本の技術ベンチャーが開発

とは言え直近の問題としてなんとかバッテリーを長持ちさせるにはどうしたらいいか、Appleから色々と提言されていますが以下にまとめてみました。
 

2年間使い続けると、そこそこAirPodsのバッテリーが寿命になります。 長持ちさせる方法について、Appleから提言されているこ...
 

 

バッテリー充電時間

 

AirPods(第2世代)充電時間に関連するスペックはこうあります。

  • AirPods は 1 回の充電で最大 5 時間の再生が可能
  • ケースで何度か充電しながらであれば、24 時間以上の再生が可能
  • AirPods をケースに入れて 15 分間の充電で、最大 3 時間の再生が可能
  • AirPod のバッテリー残量が少なくなると、片方または両方の AirPods で音が鳴る。バッテリー残量が少なくなると 1 回鳴り、AirPods の電源が切れてしまう直前に 2 回目の音が鳴る

AirPods(第2世代)では通話時間が伸びましたが楽曲再生は第1世代と同じです。

充電する時間が15分で3時間の音楽再生ということですね
これから分かることは、
AirPodsの充電15分で3時間再生と最大5時間の再生から
AirPodsは満充電まで25分かかる

また、充電ケースはAirPodsを24時間充電し続けることができる
AirPods5時間再生を24時間分なので
充電ケースは満充電まで120分程度
と推測されるわけです。

充電ケースの充電時間を測定しました。(Lightningケーブルで充電)
これはAirPods(第2世代)を計測しましたが、第1世代よりは気持ち充電が早くなった気がします。(個体差かもしれません)

充電ケース:


5%から始めて110分で100%でした。
ほぼ想定どおりです。また80分くらいで90%になり、それ以降は徐々に充電されることから90%まで80分辺りが効率よく充電できるような感じです。

AirPods本体:

20分で84%でそれから徐々に上昇していきなり32分で100%になりました。
また、その充電で充電ケースの減り具合は19%でしたので
AirPods5時間再生を24時間分というのはほぼ合っています。

もちろん、この%が何を表しているのか、本当の充電容量なのか単に電圧だけなのかはわかりません。いきなり91%から100%になるのはプログラムのトラップのように思いますが…

 

バッテリー交換

 
寿命に至った段階ではどうしようもありませんのでバッテリー交換を考えてみましょう。
 
Apple所定の修理サービスに申し込む必要があります。
AirPods の修理/交換料金

モデル バッテリー
サービス
保証対象外修理
サービス料金
紛失
AirPods (片方)
5,400 円
(片方)
7,800 円
(片方)
7,800 円
充電ケース
Charging Case *1
5,400 円 6,800 円 6,800 円
充電ケース
Wireless
Charging Case *2
5,400 円 7,800 円 8,800 円

*1 ワイヤレス充電非対応
*2 ワイヤレス充電可能

* 別途消費税がかかります。
* 上記はAppleで修理/交換した場合の料金でサービスプロバイダでは異なることもあります。
あらかじめ下記の「修理サービスを申し込む」リンクからの予約が必要です。
 
修理サービスを申し込む
AirPods の修理サービス
 
結局新品の購入したほうが早いかもしれません

AirPods
【アップル純正ワイヤレスイヤホン】
Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン
Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A


片方だけ購入という選択肢もあります。
注)AirPods第1世代と第2世代は混在して使えないので確認しましょう

AirPods バラ売り
AirPods 充電ケース バラ売り
Apple 純正 国内正規品
AirPods 完全ワイヤレスイヤホン
Bluetooth対応 MMEF2J/A


 
 
References:
バッテリー – パフォーマンスを最大化する – Apple
iPhone のバッテリーと電源 – Apple サポート 公式サイト – Apple Support
AirPods を充電ケースで充電する方法とバッテリーの駆動時間について – Apple サポート

ブックマークしておきましょう
このエントリーをはてなブックマークに追加




AirPodsケースカバー
AirPodsをキズや衝撃から守るシリコン素材
フィギュアキーホルダー付き
ケースを付けたままワイヤレス充電

【モバイルバッテリー iPhone 大容量 ワイヤレス充電 Qi】
モバイルバッテリー ワイヤレス充電 大容量 10000mAh Qi iPhone 急速充電 充電器 ワイヤレス充電器 軽量 実効容量 急速 バッテリー おしゃれ ガラス画面

【アップル純正ワイヤレスイヤホン】
Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン
Bluetooth対応 マイク付き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする