AirPods のバッテリーを長持ちさせる


2年間使い続けると、そこそこAirPodsのバッテリーが寿命になります。

長持ちさせる方法について、Appleから提言されていることと一般的なリチウムイオンバッテリーの特性からまとめてみました。




バッテリーの耐用年数

 
バッテリーの耐用年数、寿命とは何でしょうか?バッテリーの駆動時間と充放電回数が関係してきます。

バッテリーの駆動時間

  • 1回の充電100%から充電残量が無くなるまで
     
  • 1 回の充電で最大 5 時間の再生、2 時間の連続通話
     
  • iPhoneのようにバッテリーの最大容量、ヘタレ具合を表示するものはAirPodsにないので、1回の充電で4時間とか3時間程度に減ったという体感でしかわかりません
     

充放電回数

  • 繰り返して充電していると充電可能な容量が減る。100%まで満充電しても今までより早く充電残量がなくなる
     
  • リチウムイオンバッテリーは通常500回の充放電で50%~80%(製品による)に容量が減ると言われ1つの目安とされている
500回ということは毎日5時間音楽を聴いて、毎日充電を繰り返すと1年と5ヶ月で寿命です。

1日5時間も音楽を聞き続けることはあまりないかもしれませんが、2時間半はありそうですがその場合は3年弱で寿命です。
 

 

バッテリー寿命を伸ばす方法

 
Appleはバッテリーの駆動時間と耐用年数を最大限に延ばすため以下の事に留意するように提言しています。

(これはAirPodsだけではなくiPhoneなどの一般的な事です)

最新のソフトウェアにアップデート

  • アップデートには先進的な節電技術が含まれていることが多いためです
    • 音楽再生での電力消費が少なくなれば、1回の充電で5時間の再生が例えば5時間半に伸び、結果充電必要回数が減るという理屈ですね
       
    • AirPods自体というよりもiPhone本体のアップデートです

● 極端な周囲温度を避ける

  • 最適な範囲は16°C~22°C
     
  • 周囲温度が35°Cを超えないことが特に重要
    • 周囲温度というのは、バッテリーはそれ以上の温度になるということで、動作温度範囲の上限値は60°C程度といわれています。

       
    • 周囲温度が高い場所で充電すると、より深刻な損傷を与えることもある
      • これは例えば充電しながら動画やゲームのような負荷の重い熱が出る作業をしてはいけないといことで、AirPodsとしてあまりないかもしれません
         
    • 推奨される温度を超えると、ソフトウェアが80%以上の充電を制限するケースがある
      • これもいわゆるソフトウェアでの耐用年数を伸ばすための施策でしょう
         
    • 高温な環境での保管でも、回復できないダメージをバッテリーに与える可能性がある
      • 例としては夏の車のダッシュボードなどに置いたままなど、日光に当てて内部温度が上昇する状況

         
    • 温度が非常に低い環境で使用する場合もバッテリー駆動時間が短くなることがあるが、これは一時的なもので温度が通常に戻ると、パフォーマンスも通常に戻る
       
    • 充電中にケースなどでカバーすると、過度の熱が発生し、バッテリー容量に影響を及ぼす可能性がある。充電ケースに入れないと充電できませんが、そのカバーがあまりに断熱性が高いなど、要は熱くなるかどうかということでしょう

● バッテリーの損傷

  • 損傷を受けると1回の充電でデバイスを駆動できる時間が通常よりも短くなる
    • AirPodsは結構落とすことがあるが気をつけるしかない

長期保管での充電は50%程度

  • バッテリー使い切った過放電のまま保管すると充電された状態を保てなくなる可能性がある
    • 過放電は、古くなったスマホを懐かしくてもう一度電源をいれるとほとんど充電ができなくなっていることでしょうね
       
  • 完全に充電した状態で長期間保管するとバッテリーの容量の一部が失われ、駆動時間の短縮になる
     
  • 保管するときはバッテリーの使用量を増やさないために、電源を切る
     
  • 湿気のない、32°C以下の涼しい環境で、保管温度としては -20℃〜40℃

     
  • 6か月以上デバイスを保管する予定の場合は、6か月ごとに50%まで充電
    • 時々起こして充電してあげないといけないのです
 

AirPodsとして気を付ける事

 
特にAirPodsとしてバッテリー寿命を伸ばすためには以下の留意点があります。

● AirPodsを使っていないときはケースに入れておく
 
  • 充電ケースから出したままでバッテリーが減っていくグラフで、10時間程度で20%以下になり充電を促す音が鳴ります。
  • 左右差があるのはマイクが設定された方が減りが早くなっていて、自動にしておいたほうがいいでしょう。
  • 通常Bluetoothデバイスがオンではペアリング相手を探すか、呼ばれたら返事をする待機状態なのですが、AirPodsにはスイッチボタンのようなものがありません。充電ケースに入れるのがオフになります。つまり出しっ放しはオンのままです。
AirPodsをそこそこ使ったあとでバッテリー残量が左右で異なることがあります。なぜでしょうか、それはマイクの設定にあるようです。 ...

 
● 充電ケースで充電する時は、iPhone や iPad の USB 充電器を使うか、Mac に接続しておくと、速く充電できて安全です

  • 純製品の充電器とLightningケーブルを使う
     


    Apple: 充電ケースとLightningケーブル
     

    Apple: Lightningケーブル
     

    Apple: 充電器
     
  • あるいはApple公式認定品のMFi認証を得たもの、「Made For iPhone/iPad/iPod」と記述があります

     
● 充電ケースを繰り返し開いたり閉じたりすると、ケースのバッテリー残量が減る場合があります。
  • 何となくペンを指で回す感覚で蓋を開け閉めしそうですが、つまりAirPodsのBluetooth通信をオン・オフさせるわけで、一般的に起動するための電力は大きいのでバッテリーがヘタってしまいますね

以下は個人的な見解ですが、一応昔そういったものに関係していたので

● 継ぎ足し充電は寿命が短い(かも)

  •  これは KDDIの「電池先生」 と称される方のご意見ですが、

    私の経験上では「継ぎ足し充電」というか、電池切れ状態や満充電に関わらず充電を繰り返すことも電池劣化に影響すると考えています。

    メモリー効果はないけれど継ぎ足し充電、(例えば70%程度でまた100%まで満充電してしまう事)は寿命が早くなるということです。明確なエビデンスがないので信じるかどうかはあなた次第ですが、専門家のご意見ではあります。
     

  • 昔は充電電池とえばニッカド電池でしたが、これはメモリー効果というのがあり、継ぎ足し充電をくりかえしていると「最大容量が小さく記録」される現象が発生します。電池の見掛け容量が小さくなることで、リチウムイオンバッテリーには基本これが無いといわれているのです
     

● 大きいボリュームで聞かない

  • 要するに低い消費電力であればバッテリーの減りは軽減します。ボリューを大きくして聞くのは仕事量が増えますから単純に電池の減りも早くなるのは
     
  • 特に地下鉄車内では騒音が大きいのと、AirPodsはインナーイヤーの解放型なのでボリュームを上げないと聴こえない。ただこれは難聴になる可能性があるので要注意です。
 

バッテリー交換

 
Appleではバッテリー交換のサービスがあります。
 
Apple所定の修理サービスに申し込む必要があります。
AirPods の修理/交換料金

モデル バッテリー
サービス
保証対象外修理
サービス料金
紛失
AirPods (片方)
5,400 円
(片方)
7,800 円
(片方)
7,800 円
充電ケース
Charging Case *1
5,400 円 6,800 円 6,800 円
充電ケース
Wireless
Charging Case *2
5,400 円 7,800 円 8,800 円

*1 ワイヤレス充電非対応
*2 ワイヤレス充電可能

* 別途消費税がかかります。
* 上記はAppleで修理/交換した場合の料金でサービスプロバイダでは異なることもあります。
あらかじめ下記の「修理サービスを申し込む」リンクからの予約が必要です。
 
修理サービスを申し込む
AirPods の修理サービス
 
結局新品の購入したほうが早いかもしれません 
Apple Storeの予約、修理待ちが面倒ならば、バラで買ってしまうという事もありかも
注)AirPods第1世代と第2世代は混在して使えないので確認しましょう

AirPods バラ売り
AirPods 充電ケース バラ売り
Apple 純正 国内正規品
AirPods 完全ワイヤレスイヤホン
Bluetooth対応

 

まとめ

 
ちょっと長くなりましたので、ザックリまとめてみるとこんなところでしょうか、あまり多いと分からなくなるので…

  1. AirPodsの使用や保管は35°Cを超えない場所であること
  2. 使っていないときはケースに入れておく
  3. 充電は安物の非純製品は使わない
  4. なるべく残量が無くなる音が鳴るまで使ってから充電する
  5. ボリュームをなるべく下げて聴く

 
 
References:
バッテリー – パフォーマンスを最大化する – Apple
iPhone のバッテリーと電源 – Apple サポート
AirPods を充電ケースで充電する方法とバッテリーの駆動時間について – Apple サポート

ブックマークしておきましょう
このエントリーをはてなブックマークに追加




AirPodsケースカバー
AirPodsをキズや衝撃から守るシリコン素材
フィギュアキーホルダー付き
ケースを付けたままワイヤレス充電

【モバイルバッテリー iPhone 大容量 ワイヤレス充電 Qi】
モバイルバッテリー ワイヤレス充電 大容量 10000mAh Qi iPhone 急速充電 充電器 ワイヤレス充電器 軽量 実効容量 急速 バッテリー おしゃれ ガラス画面

【アップル純正ワイヤレスイヤホン】
Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン
Bluetooth対応 マイク付き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする