AirPods バッテリー残量を表示

AirPodsのバッテリー情報が分かりにくいですね。充電ケースを開くと表示されるとは言いますが、すぐに表示されないことが多い
 

 




AirPodsの充電

 
Appleの説明では

  • AirPods は 1 回の充電で最大 5 時間の再生が可能
  • ケースで何度か充電しながらであれば、24 時間以上の再生が可能
  • AirPods をケースに入れて 15 分間の充電で、最大 3 時間の再生が可能
  • AirPod のバッテリー残量が少なくなると、片方または両方の AirPods で音が鳴る。バッテリー残量が少なくなると 1 回鳴り、AirPods の電源が切れてしまう直前に 2 回目の音が鳴る

ということで、24時間音楽を聞き続けることは無いとは思いますが、途中段階でのバッテリー残量が分かりにくいです。
 

 

充電ケースを開く

 
iPhone で、AirPods が中に入ったままケースの蓋を開け、ケースごとデバイスに近づけて持ちます。数秒間待つと、AirPods と充電ケースの充電状況が表示されます。
 
確かにバッテリー残量が表示される時もあります。ずっと待っても出てこないときもあります。
 
 

ウィジェットで確認

 
ウィジェットから確認することができます。
AirPods と充電ケースの充電状況は、iOS デバイスの「バッテリー」ウィジェットでも確認できます。ケースの充電状況は、少なくとも片方の AirPod がケースに入っていないと表示されません。
 

 
これは手間がかかりますが確実です。AirPodsだけではなくApple WatchなどiPhoneと連携しているApple関連のバッテリー情報が見えます。
 
ところでウィジェットとはどうすれば表示できるのでしょう
 
iPhoneのトップ画面を左から右にスワイプ→すると出てくる画面です。
 

 
「編集」から表示させたい項目を選びます。ここでは「バッテリー」をチョイス
 

 
これでウィジェットでバッテリー残量を確認することができます。
 

Macから確認

 
この場合はAirPodsとMacがペアリングされて接続されていないといけません。
 
「システム環境設定」からBluetoothの項目を探します。
 

 
接続されていることを確認して、「メニューバーにBluetoothを表示」にチェックを入れます。
これでメニューバーのBluetoothのアイコンからAirPodsのバッテリー状況がわかります。
 

 
尚、このケースでは充電ケースから全て出しておきます。
 

充電ケースで確認

 
充電ケースのステータスランプで簡易的にバッテリー残量を見ることができます。
 

 
テータスランプ:
AirPods がケースに入っている時は、AirPods の充電状況
AirPods がケースに入っていない時はケースの充電状況
  • 緑色
    • 充電が完了(だいたい100%程度)
  • オレンジ色
    • 充電不足
  • オレンジ色で点滅
    • AirPodsの設定をやり直し
  • 白く点滅
    • ペアリングの準備
  • 点灯無し
    • ケースの蓋が開けっ放し、1度閉めてから開きなおす

 
 
関連ページ:

 
References:
AirPods – Apple(日本)
AirPods を使う – Apple サポート – Apple Support
AirPods サポート – Apple サポート 公式サイト – Apple Support

ブックマークしておきましょう
このエントリーをはてなブックマークに追加





 
Qi ワイヤレス充電
10000mAh
充電バッテリー
 


 
大人気のスマホをガブッとかじっちゃう!かわいい奴ら!!iPhoneケーブルの断線保護に
ケーブルバイト カメレオン
 


 
Bose SoundLink Micro Bluetooth speaker ポータブルワイヤレススピーカー ブラック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする