「iPhoneを探す」アプリでAirPodsを探す

iPhone 7

iOS10.3から元々はいっているアプリ「iPhoneをさがす」からAirPodsを探せます。
 

iPhoneを探すアプリ

 
先日のことAirPodsが行方不明になりました。バックの中にもポケットにもAirPodsがありません、小さいので結構どこかに置き忘れたかとあせりました(
そう言えば探せたはず!とさっそくアプリで検索しました。
 

 
「iPhone を探す」を設定:
 
iOSのバージョンが低い場合はアップデートします。
「iPhoneを探す」アプリを設定します。無くなってから設定しても探せないので注意
 
以降はアプリを初めて設定する場合です。
 
「設定」「Apple ID」

 
「iPhoneを探す」がタップ
 

 
オフになっているのでオンにします。
 

 
パスワードを入れて「iPhoneを探す」「最後の位置情報を送信」を以下のようにオンにします。
 

 
これで設定終了しました。
 
「iPhone を探す」を起動:
 
アプリを起動すると
 
AppleのMacやApple WatchなどAppleデバイスのステータスが表示されます。
 

 
  今使っているiOSデバイス(iPhoneなど)を指しています。
 
  グリーンは現在オンラインでつながっているので、音を鳴らしたりできます。
 
  通信できない状態です。例えば電源が切れている、電波が届かないところにある、充電ケースに入っているなどです。

  • Apple Watch:
    • 「6分前」に確認されていて「0km」となっています。現在腕にはめているのでその通りです。
  • AirPods:
    • 左のチェックマークがグレーになっているので通信できない状態です。
    • 「一昨日 13:26」とあるので昨日の午後1時が最後の通信だったようです。
    • 「2km」とありますので、今の場所から最後に通信していた場所まで2km離れているということです。

更に詳細を調べるためAirPodsの欄をタップすると、地図が現れました。
 

 
〇〇交番とあります
そうですね、昨日の午後1時頃に交番の近くのオフィスにいました。
 
ということで、AirPodsを探し出して事なきとなり一見落着でした。(汗〜
 
これ以外にも、AirPodsと通信できるのに見当たらない場合は(左の丸が緑色)、AirPodsをタップしてアクションで左右のAirPodを個別に音を鳴らせます。ソファーの下とかあればすぐにわかりますね。
 

 
Reference:
AirPods をなくした場合


ページのトップへ戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする