AirPods をiPhoneと接続

品薄のAirPodsですが、最初は案の定6週間待ちでした。しかしこの前入荷したってネットにありました云々と粘ったら色々探してもらい、他の店舗(Bic Camera)に1個だけあるとわかりラッキーなことに直ぐに入手できました。
 

設定手順

 
値段が値段だけに、相変わらずスマートな(金がかかっている)パッケージです。ところが取説がありません!というかあまりに簡単に書いてあったので取説と気づかなかったのです。
 
まあなんとなく接続できましたのですが。後で見たらAppleの公式ページに説明がありました…(公式ページでは¥16,800 (税別)ですがAmazonでは高くなっていたりしますね)
 

AirPods MMEF2J/A

新品価格
¥23,600から
(2017/5/13 20:21時点)

設定方法については2通りの方法が考えられます。

 

取説通りの手順

 
今更ですが、Airpodsに対応しているものは

iOS10.2などOSが古いものしか入れられないものはダメなわけで、iPhone4sとかiPad第3世代の2012年発売していたものは接続できないという意味です。iOSバージョン

設定方法はとりあえず下のように1,2,3ということです。
 

  1. Bluetoothをオンにする
    • 画面下部から上にスワイプして、Bluetooth アイコンをタップしてください。(注)これは青くオンになっていればそのままでいいので
       

       
  2. AirPods を接続する
    • ケースを開いて、ロック解除した iPhone に近づけてから、画面に表示される指示に従ってください。(注)ケースを開く時はAirPodsも入れた状態でないと反応しません。また結構反応が悪いので何回か閉じたり開いり必要かもしれません
       

       
    • 接続をタップするとバッテリー情報が現れるので完了をタップすると終わりです
       

       
  3. 再生を始める
    • 耳に装着し、調整を行って、音が聞こえるようになったら再生できる状態です。
 

手間がかかりますが確実な方法

 
取説通りにうまくいっていたらいいのですが、そんなに簡単に行かない時もありますので別の方法を紹介します、というかこれが正道だと思います。

  1. 「設定」アイコンをタップ

     
  2. Bluetoothをタップ

     
  3. Bluetoothがオフになっていたらオンにする

     
  4. 充電ケースにAirPodsを入れる、ステータスランプ のLEDが白色で点滅するのを確認(蓋は開いた状態)

     
  5. ダイアログが現れたら 接続 をタップする

     
  6. ダイアログで 完了 が表示されればタップ

     
  7. AirPodsが 接続済み となれば終了です。

     

 
うまく接続できたでしょうか。
音質にはうるさくないですが、まあ普通にOKです。
AirPodsをタップしてsiriを呼び出し「AKBの〇〇」と言うだけで再生してくれたのはちょっと感動ものでしたね。

ちなみにiPhoneの言語を英語にすれば、英語で受け付けてくれます。通じるかどうかはあなたの発音次第ですが…
 


ページのトップへ戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする