iPhone で PCメールの送信・受信を設定をしよう


パソコンのメールをiPhoneのメールアプリで見られるようにします。

GmailやYahooメールなどは専用のアプリがあるのでそれを使うのが早くて簡単です。

尚、送受信サーバーの設定をするので、「SMTP」や「POP」などの設定情報が必要です。




PCメールを iPhone で見る

 
メールアプリにメールを設定します。

Gmail や Yahoo mail などはそれ専用アプリを入れた方が楽です。
App Store で検索して簡単にインストールができます。それぞれのやりかたは以下を参考にしてください。
 

iPhoneでメールを全て受けられるようにしておきたくないでしょうか。特にGmailは色々なアカウントを作る時に作ったものがたくさんあったり...
 
iPhoneでYahooメールを受けて送信できるように設定できます。いざという時に出先で確認したり、簡単なメッセージを送れるようにしておきま...
 
その他のプロバイダーは以下手順で登録していきます。
 

 

メール設定

 
まず、メール設定情報を確認してください。送信、受信メールサーバーの

  • ホスト名
  • ユーザー名
  • パスワード
が必要になります。(ここがGmailなどの場合はアプリを使うと楽なのです)
 
「設定」をタップします
 

 
ちょっと下の方までスクロールして
「パスワードとアカウント」を開きます
 

 
「アカウントを追加」
 

 
一番下にある「その他」を選びます。
 

 
「メールアカウントを追加」をタップ
 
 

メールアカウントの追加

 
メールの情報を入力します。「新規アカウント」にて

  • 名前: 適当に自分で分かり易い名前
  • メール: 登録したいメールアドレス
  • パスワード: メールアドレスに設定されているもの
  • 説明: 自分で分かるように説明を入れておく
これらを入力して右上の「次へ」をタップ
 

 
設定画面になりますが、一番上のタブに「IMAP」と「POP」があり
受信メールサーバーを調べてどちらか選択します。

IMAPとPOPメールサービスによってはどちらかしか対応していない場合があり、その違いは、

● IMAP:

  • メール本文はメールサーバで保存されているのでiPhoneのメモリを圧迫しない。他の環境たとえばPCからも見ることができる。一方、サーバーにアクセスできない電波が届かない場合は閲覧できない

● POP:

  • メールはiPhone内に保存されるのでメモリ容量を使う、ただし電波が届かなくても取り込んだメールは確認でき編集できる。

以降は受信メールサーバーと送信メールサーバーの

  • ホスト名
  • ユーザー名
  • パスワード

を調べて入力します。受信と送信が同じだったりするケースもありますので、コピペをうまく使いましょう。
 
メール情報を入力したら、キーボードの「保存」あるいは「次へ」で検証が始まります。
 

 
SSL接続ができない場合はSSLなしで設定します。(2回表示されるかもしれません)

SSLなしでせってしますか?「はい」を選択
 

受信メールの設定間違いなどのエラーが出る場合は、もう一度プロバイダーの説明を調べてみましょう、特にiPhoneでの設定についての項目があることもあります。

結構時間がかかるかもしれませんが、とりあえずここでは設定が成功。メールがオンとなっていればそのまま「保存」します。

 

これでメールボックスに新しくアカウントが追加されています。
(ここにYahooメールを設定することもできます。アプリをインストールするほうが簡単ですが)

 

 
メールアプリを見てみると

未読メールが一気に入ってきました。

こんな感じでPCメールも送受信できればiPhoneエキスパートに一歩前進ですね
 
 
関連ページ:

 

ブックマークしておきましょう
このエントリーをはてなブックマークに追加

AirPods
AirPods Pro
ケースカバー


キズや衝撃から守るシリコン素材




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする