Apple Watch ワークアウトを始める


アクティビティアプリでは、歩いた距離に対する運動量などを記録しましたが、ワークアウトではより積極的にトレーニングとして使うことができます。例えばランニングに目標に対してどの程度の達成度がわかります。




ワークアウト

 
15種類のワークアウトが用意されています。それぞれに応じた目標を設定でき、記録を保存することができます。

最初に基本的なワークアウトの始め方を理解しておきましょう。

ちなみにワークアウト workout は軽いエクササイズの意味で使われるようですが、他にも色々な意味で使われます。日本でも〇〇がworkするなどと使われることがありますね。
 

 

ワークアウトの開始

 

ワークアウト App を開きます。


例えばウォーキングを選び横の 「…」アイコン をタップすると

カロリー、距離、時間のゴールを設定することができます。
ゴールの設定を省いてそのままワークアウトする場合は、前のウォーキングをそのままタップするか「フリー」を選んでもできます。

それぞれゴールは「+」「ー」、あるいはDigital Crownで数値を設定できます。
数値を決めたら「開始」ボタンのタップでワークアウトが始まります。
カロリー

距離

時間

Siri を呼び出して、「30分のウォーキングに行こう」のように話しかけてもできます。

ワークアウトを開始するのを忘れてしまっても、運動を始めたことを Apple Watch が自動的に検知してくれます。

 

ワークアウトの終了

 
ワークアウトが始まりました

終了するためには、画面を右にスワイプするとこの画面になるので「X」終了をタップします。

画面が変わり、

その下にある「完了」をタップして終了です。
この完了をタップしないと終わらないのですが、ある程度ワークアウトをしないとこの画面にもなりませんが。

 

ワークアウトの記録

 
ワークアウトの記録はiPhoneの「アクティビティ」アプリから見ることができます。

画面下の「ワークアウト」タグを選択します。

個別の記録をタップすると詳細がわかります。

 

ワークアウトの種類

 
ワークアウトの種類はたくさんあり、設定できる内容も若干異なります。尚、よく使うワークアウトは順番が先になるように順位調整がされています。

  1. ウォーキング
  2. ランニング
  3. サイクリング
  4. 室内ウォーキング
  5. 室内ランニング
  6. インドアバイク
  7. エリプティカル
  8. ローリング
  9. ステアステッパー
  10. 高強度インターバルトレーニング
  11. ハイキング
  12. ヨガ
  13. プールスイミング
  14. オープンウォータースイミング
  15. その他

References:
Apple Watch をワークアウトに活用する – Apple サポート
Apple Watch Series 4 – ワークアウト – Apple
ワークアウトの種類について – Apple サポート

ブックマークしておきましょう
このエントリーをはてなブックマークに追加

AirPods
AirPods Pro
ケースカバー


キズや衝撃から守るシリコン素材




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする