Apple Watch ウォーキングのワークアウトで運動量を記録する

Apple Watch にはウォーキングの運動量を記録するために使えるワークアウトがあります。これは歩数を計るだけの万歩計とは一味違うApple Watchならではの機能があります。






ウォーキング

 
前提としてApple Watch Series 3 以降についての機能の内容となります。
また、ウォーキングの開始方法などについては他のワークアウトと基本的に同じです。
 

アクティビティアプリでは、歩いた距離に対する運動量などを記録しましたが、ワークアウトではより積極的にトレーニングとして使うことができます...
 

 

Apple Watchの調整

 
ジムなど屋内施設でのウォーキングは「室内ウォーキング」を選択します。
一方、屋外の街路や公園内を歩くときなどは、「ウォーキング」を選択しますが、
何れにしても最初に屋外での調整を行って精度を高くしておきます。

Apple Watch の手順:
調整することで、歩行/走行距離やペース、カロリーの測定精度を上げることができます。
またApple Watch が普段の運動のレベルや歩幅を学習できるのでGPSの計測が困難な状況での精度を上げることができます。

  1. GPS の受信感度が良い場所、例えば上空の見通しがよい平坦で開けた場所などです。 市街地のビル群のなかよりは開けた河川敷などがいいかもしれません。
  2. Apple WatchがGPS内臓していない機種はiPhone も携帯してください。
  3. ワークアウト App を開き「ウォーキング」を開始
  4. 約 20 分間、通常のペースでウォーキングをします。

1回のウォーキングが20分に満たなくても複数回で合計が20分になればかまいません。
上記の手順にそって屋外でウォーキングするたびに、さまざまな速度における歩幅を Apple Watch が学習し、加速度センサーが継続的に調整されていきます。調整しておけば、ワークアウト App でのカロリー推定値の精度、アクティビティ App でのカロリー、距離、ムーブ、エクササイズの推定値の精度も上がっていきます。

 

測定記録

 
ペースと距離:
実際の例として、iPhoneの「アクティビティ」アプリのワークアウトには結果が記録されています。距離、平均ペース、歩いたコースが地図で表示されています。

また、画面下の「履歴」のとなりの「ワークアウト」を選択します。

個別の記録をタップすると詳細がわかります。

高度:
Apple Watch Series 3 以降は高度計を内蔵していて高度を記録できます。Apple Watch Series 2 以前では高度を記録するにはがiPhoneが必要です。
 
測定がうまくいかなない場合は ↓ 設定などを確認してみましょう。
 

せっかくApple Watchで測定するぞーっ、と意気込んだけど記録がちゃんと取れていないなんて...設定を確認しましょう。
 
 
 
References:
ワークアウトの種類について – Apple サポート
Apple Watch をワークアウトに活用する – Apple サポート

ブックマークしておきましょう
このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホの下取り

まだ1年も使っていないiPhoneを新機種に変えたくて下取りしようとお店に持ち込んだことがありますが、結局なんだかんだと思ったほどの金額になりませんでした。

このネットオフは専業のため高額買取が可能で、お店に行く時間が無い人にとっては送料無料の宅配便が自宅まで引取りに来てくれるのは助かります。

定額買取キャンペーン中であればキズがあっても付属品が無くても減額なしでお得です。」


Apple Watch Series4 は安いものでも約5万円からですが、以前はApple Watch …

Apple Watch Hermès
価格と機能性から自分に合ったものを選びたいところですが Apple Watchの種類が多すぎてよ…






【モバイルバッテリー iPhone 大容量 ワイヤレス充電 Qi】
モバイルバッテリー ワイヤレス充電 大容量 10000mAh Qi iPhone 急速充電 充電器 ワイヤレス充電器 軽量 実効容量 急速 バッテリー おしゃれ ガラス画面

【アップル純正ワイヤレスイヤホン】
Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする