Apple Watch 初期設定とペアリング

Apple Watch series4を入手しました。そこそこ進化していますねというかバッテリーの持ちが(初代に比べて)良くなったのがうれしい。初期設定、ペアリングについてみてみたいと思いますが、意外と時間がかかります。




Apple Watch

 
APple Watch のseries4です。当初2〜3週間待ちでしたが、しばらく買おうか迷っていると家電量販店に在庫があったので即購入。あいかわらず、Appleらしい包装で、日本人好みなのでしょうかね。
 

 
最初にApple Watchを設定する前にiOSのバージョンは最新にして、iPhoneを以下の設定を確認します。
  • iPhone で「設定」>「Bluetooth」から「Bluetooth」がオン
  • iPhone がWi-Fiまたは電話回線に接続されている

 
それから、今更ですがApple Watchのシリーズで対応するiPhoneは

  • Apple Watch Series 3 (GPS + Cellular) 以降は、iPhone 6 以降
  • Apple Watch Series 3 (GPS) 以前のモデルは、iPhone 5s 以降

自分で買うときはショップの人に確認されますが、もらったものであれば要注意ですね、古いiPhoneは何かにつけて使えない。だから中古は安く売っているわけです。
 

 

取説

 
短い取説が一枚入っています。日本製品なら分厚い冊子となるところ、最初のきっかけだけ教えれば後は何とかなる的な感じです。また何かあればすべてネットで調べればわかるというスタンスでしょう。
 

 
① バンドの取り付け
– 後からでもできますが
 
Apple Watch の初代がバッテリーの問題で使えなくなったので、series4を購入。ペアリングでハマったのでここに書いておきます。説...
 
② サイドボタンの長押しで電源をONにする
– デジタルクラウンという回せるボタンの下にある細長いボタンを長押し
 
③ 「Apple Watch」アプリがiPhoneに初期インストールされているのでそれを起動
 
 

初期設定の開始

 
サイドボタンの長押しで電源ONにしたところ、なぜかしら中国語らしきものになってしまっている!
iPhone, Apple Watchを「」は判読できるので、2つを近くに置けいう事ですか(汗
(2回目からはそれぞれの言語で表示されたのですけどね)
 

 
すると、iPhoneがApple Watchを認識してくれるので「続ける」をタップします。
これが出てこない場合は、iPhoneのApple Watchアプリを起動させ「ペアリングを開始」させます。
 
 

ペアリング

 
ペアリングを開始する画面になります。
 

 
iPhoneのカメラが起動します。Apple Watchに向けてのコードを読ませる。
何らかの理由でカメラが使えない場合は「Apple Watch を手動でペアリング」を選んでペアリングを行います。
 

 
ペアリングが完了。
以前にApple Watchを使っていてバックアップがあれば「バックアップから復元」
あるいは初めてのApple Watchならば「新しいApple Watchとして設定」を選択。
 

 
ペアリングがうまくいかない時は:
ペアリングが途中でエラーとなって終了することがあります。以前に使っていたApple Watchの設定が残っていたりするなどです。
 
新しいWatchでペアリングするために、現在設定されているペアリングを削除します。
 
古いApple Watchも使う複数使いも可能ですが、その場合は自動でやるとエラーになることもあります。
Apple Watch ペアリングができない時の対策
 
また、「設定」>「一般」>「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」を実行するとリセットされるのでペアリングが可能になります。ただし今までの色々な設定も消えるのは覚悟です。

データ類は削除されないようではありますが、それなりに設定が無くなるので面倒です。
Apple Watch が iPhone に接続またはペアリングされない場合

 

左右装着の設定

 
右にするか左にするか設定します。Apple PayでSuicaの使い勝手で、右手にしたいという要望もありますが後から変更も可能です。
 

 
ここで処理に時間がかかると表示され、ある程度待ちます。
 
利用規約に同意するならば、「同意する」をタップ
 

 
iPhone側のApple IDでサインインを求められます。
スキップすることも可能ですが、iPhoneとの連携ができなくなります。時計をみるだけ?
Cellularモデルは、携帯電話番号が必要な一部の機能は、iCloud にサインインする必要があります。
Apple Watch を中古で売ったり買ったり、あるいはもらったりした場合は、アクティベーションロックを解除が必要です。
 

 
位置情報サービス
これは例えばApple Watchを置き忘れたなどで「iPhoneを探す」アプリを使うためには必須です。
 

 
ワークアウト経路追跡
 

 
Siriを使うか、またApple WatchのデータをAppleと共有するかどうかの設定。
 

 
iPhoneとApple Watchの共有される設定が表示される。
 
 

パスコード

 
パスコードを設定すると、時間を見る文字盤はいつでもみられますが
アプリなどを使うホームに入るには毎回パスを入れることになり煩雑にはなります。私は使い始めて直ぐに設定から外しました。

また、Apple Watchを腕から外すとロックされるので、解除はパスコードを使うことになります。
 
ここをスキップすることも可能、Apple Payなどを使う場合のセキュリティーでしょう。
 

 
Apple Watchで4桁のパスコードを入れます。
 

 
心臓の健康
低心拍数、高心拍数の通知
 

 
Apple Pay
Suicaやクレジット・プリペイドカードを追加することができます。
後から設定できます。
 

 
緊急SOSについての内容を確認して「続ける」
 
 

iPhoneとApple Watchの同期

 
「利用可能なAppをインストール」するとiPhoneのアプリでApple Watch対応のアプリがwatch側にインストールされます。後で個別に入れることも可能です。
 

 
同期
 

 
同期が終了しました。
 

 
「Apple Watch」アプリに登録されています。
 

 
これで初期設定は終わりです。
 
 
References:
Apple Watch を設定する – Apple Support
Apple Watch のペアリングを解除して消去する – Apple Support
Apple Watch が iPhone に接続またはペアリングされない場合 – Apple Support
アクティベーションロックを解除 – Apple Support