iPhone ポートレートが使えない機種でアプリで背景をぼかす

iPhone X シリーズやiPhone 8plusにはポートレートモードというのがあり、背景をぼかして一眼レフカメラで撮ったようないい感じにしてくれます。
ポートレートモードが使えない機種でもぼかしが使えるアプリSnapspeedがあります。まったく同じではありませんがそれなりにぼかし効果は出せます。





Snapspeed

 
SnapspeedはGoogleが開発した無料アプリで広告もありません。機能はぼかしだけではなく様々な画像調整が可能です。
こちらのポートレートモードで使った花の写真でこのアプリを試してみました。
 

iPhone 7 plusからポートレートという機能が搭載されました。ポートレートとは一眼レフのように背景がぼかされることで「被写体(人物な...
 

 

Snapspeed

 

「App Store」からSnapspeed(無料)を検索してダウンロードします。

中央の⊕アイコンか左上の「開く」から画像を取り込みます。

取り込む画像を端末から開く、つまり写真アプリから取り出すかカメラを起動させるかなど選択します。

「写真」アプリから写真を適当に選んで表示させます。
画面下中央の「ツール」をタップ

このアプリで使える様々なツール一覧が現れます。
「レンズぼかし」を選択

画面下の◉アイコンの選択で円形のぼかし効果を出すことができます。

楕円の形、大きさは変えることができます。ぼかしの強さは、画面を左右にスワイプすることで調整できます。

また、ぼかしの基本形を平行線に変えると縦の違う効果になります

メニューから「エキスポート」を選んで「コピーを保存」すると

「写真」アプリに保存されます。

確かにぼかし効果がでたのですが、花の中央部分の背景はぼかしきれません。
被写体次第では、人物像などではそれなりにポートレートモードっぽくできそうではあります。

ブックマークしておきましょう
このエントリーをはてなブックマークに追加

AirPods
AirPods Pro
ケースカバー


キズや衝撃から守るシリコン素材




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする