Powerbeats Pro バッテリーの充電時間と放電時間

Powerbeats ProはAirPodsよりもバッテリーの持ちがよくなったようですが、相変わらず放置するとバッテリーが減ってしまいます。また充電時間はどの程度なのか調べてみました。




Powerbeats Pro バッテリー

 
これはAppleのかたくななコンセプトなのでしょう、Powerbeats Proの本体に再生停止などのボタンがあるのですが、電源オフのスイッチがありません。そのため充電ケースに入れないとスリープとは言えバッテリーが減っていきます。

オーディオ再生時間は9時間とAirPodsの5時間に比べて長くなりました。

Powerbeats ProとAirPodsを比較しました。 AirPodsと同じようにApple傘下の Beats のイヤホンで...

充電は5分で1.5時間再生というFast Fuel 充電だそうですがどの程度でしょうか、テストしてみました。

 

 

Powerbeats Proの充電時間

 
Powerbeats Pro 本体の充電時間:
本体左右1%から100%までの充電時間は54分かかりました。

これはAirPods(第2世代)が約32分だったので再生時間の比率と同じです。

充電ケースの充電時間:
100分程で100%に満充電になりました。

IFIXITによるPowerbeats ProのTeardownではバッテリーが200mWhだそうです。これは同じくAirPodsの分解では93mWhだったので倍程度のバッテリー容量があるとわかります。

また充電ケースは1300mWhのようです。

Reference: Powerbeats Pro Teardown

 

Powerbeats Proを放置

 
AirPodsと同じく充電ケースに入れないとBluetoothはオフにならないのでSleep状態といえバッテリーの消費は続きます。

ここでわかるのはマイクを設定した方(このテストでは左)がバッテリーが早くなくなるわけです。AirPodsと同じく「自動的にAirPodsを切り替え」にできますので特別な理由がなければそのままでいいでしょう。

AirPodsをそこそこ使ったあとでバッテリー残量が左右で異なることがあります。なぜでしょうか、それはマイクの設定にあるようです。 ...

ブックマークしておきましょう
このエントリーをはてなブックマークに追加




【モバイルバッテリー iPhone 大容量 ワイヤレス充電 Qi】
モバイルバッテリー ワイヤレス充電 大容量 10000mAh Qi iPhone 急速充電 充電器 ワイヤレス充電器 軽量 実効容量 急速 バッテリー おしゃれ ガラス画面

   ガブッとiPhoneをかじっちゃう!
ケーブルの断線防止も可愛く
動物たちがiPhoneにガブッと噛み付いちゃった!iPhone純正Lightningケーブル対応のアクセサリー「CABLE BITE(ケーブルバイト)」

【アップル純正ワイヤレスイヤホン】
Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン
Bluetooth対応 マイク付き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする