iPhone 写真をMacにコピー保存する

iPhoneで撮った写真をMacにコピーするにはどうするのでしょうか。1枚2枚であればメールで送ってMacで受けるという方法も可能ですが、枚数が増えると面倒です。
 


 




ケーブルを接続してMacにコピー

 
iPhoneには昔のガラケーのように、SDカードなどのスロットがありません。
写真を移す方法はいくつもあるのですが、ここではライトニングケーブルを接続してMacにコピーする方法を試して見ます。
 

 

自動同期の停止

 
ケーブルで接続する前にiTunes の「自動同期」の設定を停止になっているか確認します。同期が自動開始するとデータが消えたり重複することがあるためです。
 
iTunesを起動します。
 

 
iTunesのメニューから「環境設定」を選択
 

 
「デバイス」を選択して、
iPod、iPhone、および iPad を自動的に同期しない」にチェックを入れ
「OK」をクリックします。
 
 

写真アプリから読み込む

 
写真を見るためにのアプリとして「写真アプリ」あるいは「iPhoto」がインストールされています。


 
写真アプリの場合、ケーブルをつないで写真アプリを起動するとiPhone内に保存されている写真一覧が表示されます。この時点では見えているだけです。
 

 
取り込みたい写真をクリック、複数選択の場合は「Command」を押しながらクリックします。選択したものはチェックマークで表示
 

 
「○○個の選択項目を読み込む」をクリックすると
 

 
写真がMacに取り込まれました。
 

iPhotoから読み込む

 
写真アプリが使えなくてiPhotoが使えるケースです。
 
MacとiPhoneをケーブルで接続します。
「iPhoto」のアイコンを起動します。なければアプリケーションにあったりします。ここでライブラリーを作成が開始するかもしれません。
 

 
iPhoneの写真メディアが一覧に表示されます。なお、iPhoneはロックを外しておきます。
取り込みたい画像を「Command」を押しながら選択して「選択した写真を読み込む」をクリックします。(全て一括選択することもできます)
 

 
選択した写真がiPhotoに取り込まれました。
 
 

ライブラリから個別に写真を取り出す

 
写真が取り込まれたと言っても「写真アプリ」「iPhoto」でしか確認できません。それぞれ「写真ライブラリ」と「iPhoto Library.photolibrary」ライブラリを持っていてその中に入っています。
 
この写真を画像ファイルとして取り出したい場合は画像をドラッグ&ドロップでフォルダーに個別にコピーすることができます。
 
写真アプリから画像を選択してフォルダーにドラッグ&ドロップ
 

 
iPhotoから画像を選択してフォルダーにドラッグ&ドロップ
 

 
Reference:
iPhone、iPad、iPod touch から写真やビデオを読み込む | Apple

ブックマークしておきましょう
このエントリーをはてなブックマークに追加




AirPodsケースカバー
AirPodsをキズや衝撃から守るシリコン素材
フィギュアキーホルダー付き
ケースを付けたままワイヤレス充電

【モバイルバッテリー iPhone 大容量 ワイヤレス充電 Qi】
モバイルバッテリー ワイヤレス充電 大容量 10000mAh Qi iPhone 急速充電 充電器 ワイヤレス充電器 軽量 実効容量 急速 バッテリー おしゃれ ガラス画面

【アップル純正ワイヤレスイヤホン】
Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン
Bluetooth対応 マイク付き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする