Apple Watch でiPhoneの写真を表示させる設定

iPhoneの写真アプリの画像をApple Watchに入れて見たい、あるいは誰かに見せたい時はどうするのでしょうか?その設定がちょっと手間取ることがありました。






写真アプリ

 
最初にApple Watchの写真アプリをみようとしたのですが、何もありませんでした。それはiPhoneの写真と同期させているアルバムに何もなかったからです。

アルバムを変更する、あるいはそのアルバムに写真を配置すればApple Watchで表示することができました。

 

同期されているアルバム

 

iPhoneの「Watch」アプリから「写真」アプリに入ると

同期されているアルバムがあります。
「お気に入り」が選択されているのでタップしてみると、

お気に入りを設定してなかったので、Apple Watchの写真には何もありません。

お気に入りの写真を設定するか、カメラロールと最後に追加した項目のどれかを選択するように変更するかですが、お気に入りを作ってみます。

iPhoneの写真アプリから好みの写真をいくつか選んで、下の中央にある♡ハートマークをチェックします。

「Watch」アプリに戻って同期されているアルバムを確認するとお気に入りに写真が追加されました。

これでApple Watchの写真アプリをのぞいてみると、

お気に入りに設定した写真がApple Watchに入っています。右のデジタルクラウンを回すと大きさを変えられます。

写真1つだけを拡大してみることもできます。

 

アルバムの変更

 

ここまではアルバムをお気に入りに設定していましたが、他のアルバム例えば「最後に追加した項目」に変更することもできます。

また、iPhoneの写真アプリから新しくアルバムを作成して設定することもできます。

写真から「アルバム」のタグに変更して「+」をタップして新規アルバムを選択

これで例えば「後楽園」の写真アルバムを作成して写真を入れ、同期アルバムに設定します。

Apple Watchで同期したアルバムの写真を見ることができます。

また、Apple Watchでは全てのiPhoneの写真と同期するにはメモリ容量が足りないのと、画面自体がiPhoneと比べて違い小さいですから、たくさんの写真を同期させるよりは必要なものだけに限定した方がいいようです。

初期値では「写真の上限」が25枚ですが、100枚〜500枚まで設定を変えられます。
ただ、Bluetoothで画像データを500枚送るだけで時間がかかりそうです。

Reference:
iPhone が近くにない状態で Apple Watch を使う方法

ブックマークしておきましょう
このエントリーをはてなブックマークに追加





 
Qi ワイヤレス充電
10000mAh
充電バッテリー
 


 
大人気のスマホをガブッとかじっちゃう!かわいい奴ら!!iPhoneケーブルの断線保護に
ケーブルバイト カメレオン
 


 
Bose SoundLink Micro Bluetooth speaker ポータブルワイヤレススピーカー ブラック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする