音楽ファイルをコピーしてiPhoneに入れる

CDからコピーした音楽ファイルをiPhoneで聴きたいけれどどうするのがいいのでしょう。また、1、2曲だけ入れたい、何でもかってに全て同期させたくないこともあると思います。





音楽ファイルのコピー

 
iPhoneには昔のガラケーのように、SDカードなどのスロットがありません。
mp3などの音楽ファイルを移す方法はいくつもあるのですが、ここではライトニングケーブルを接続しiTunesを経由してiPhoneにコピーする方法を試します。

 

 

自動同期の停止

 
iTunesを起動します。iPhoneとケーブルで接続する前にiTunes の「自動同期」の設定を停止になっているか確認します。同期が自動開始するとデータが消えたり重複することがあるためです。


尚、Windowsの場合は別途インストールします。
 
AppleのiPhoneを持っている人は多いと思いますが、Macを持っている人はWindowsほどではないでしょう。iPhoneで撮った写真...
 
iTunesを起動します。
 

 
iTunesのメニューから「環境設定」を選択
 

 
「デバイス」を選択して、
iPod、iPhone、および iPad を自動的に同期しない」にチェックを入れ
「OK」をクリックします。
 
 

音楽ファイルを取り込む

 
ファイルをフォルダーからiTunesにドラッグ&ドロップでコピーします。
 

あるいは、ライブラリに追加…からファイルを選ぶこともできます。


 

 

 

 

 

iPhoneとPCを接続

 
iPhoneとLightningケーブルを使ってPCのUSBポートに接続
アクセス許可を求められます。「続ける」をクリック

iPhone側の許可も求めてきます。

iPhoneでは、「信頼」をタップ

パスコードを入力します(スリープ解除などで使っているパスコード)

これで、iTunesにiPhoneが現れます。

iPhoneのアイコンをタップするとiPhoneの情報とミュージックライブラリがみられます。

 

音楽ファイルのコピー

 
一つづつ選んでコピーするのであれば、音楽ファイルを選択して右クリック
「デバイスに追加」「iPhone」を選択
するとこの音楽ファイルがiPhoneにコピーされます。

iPhoneの「ミュージック」アプリを開いて「ライブラリ」タグの「ダウンロード済み」を見るとコピーされていました。

 

まとめてコピー

 
まとめてたくさんの楽曲をコピーする場合は、iTunes上でiPhoneの「ミュージック」を選び
「ミュージックを同期」「選択したプレイリスト…」を選びます。
完全にiPhoneと同期させるのであればミュージックライブラリ全体を選ぶこともできます。

同期してもよいかと尋ねられた場合、自動同期の停止されているのを確認して「削除して同期」をクリックします。

コピーしたい楽曲をプレイリストやアーティスト、アルバムから選んでチェックします

設定変更を「適応」

ライブラリが置き換えられていいか確認して「同期して置換」
これは、iPhoneにPC側とは別の楽曲がある場合削除されてしまうことを注意しています
ライブラリ全体の同期はリスクがあります

 

ブックマークしておきましょう
このエントリーをはてなブックマークに追加




【モバイルバッテリー iPhone 大容量 ワイヤレス充電 Qi】
モバイルバッテリー ワイヤレス充電 大容量 10000mAh Qi iPhone 急速充電 充電器 ワイヤレス充電器 軽量 実効容量 急速 バッテリー おしゃれ ガラス画面

   ガブッとiPhoneをかじっちゃう!
ケーブルの断線防止も可愛く
動物たちがiPhoneにガブッと噛み付いちゃった!iPhone純正Lightningケーブル対応のアクセサリー「CABLE BITE(ケーブルバイト)」

【アップル純正ワイヤレスイヤホン】
Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする