AirPods は外れやすいく音が漏れる、そしてうどん


AirPodsの3大デメリットは「外れやすい」し「音漏れ」はするは、そして見た目が「うどん」なんですね。

AirPodsのデメリット

 

 

外れやすい

 
歩いたり、走ったりしていても意外と落ちにくいとは感じます。
ただ、音楽聴きながら部屋の掃除をすればアゲアゲだなと思ったら、コロッと外れました。
外でも頭を傾けたりすると落ちてしまいました。(窓拭いている時でした)

落ちるのはしょうが無いとしても、AirPodsは硬質な筐体で柔らかいところがないので、アスファルトの上を「転がって」しまうのです。そのままドブに落ちたら大変です(汗

基本的にインナーイヤー型なので、カナル型のように耳の穴にぴったりはめるのではなく耳のでっぱり部分に引っ掛ける形で装着します。
ところが人によってはこのでっぱり部分が小さかったり、さては穴自体がうまくはまらない人もいるようです。


人の体に個人差があるので当たり前と言えばそうなのですが。世界中の人の耳に全て合わせようというのは結構大変なことです。

大きさがどのくらいなのかというと、iPhoneを買ったときについてくるイヤホン、EarPodsと言いますが、それより少し大きくてちょっと重い程度ですがほぼ同じ程度です。

iPhone付属のEarPodsで自分の耳に合うかどうかを試せますね
右が付属のEarPodsです。マス目は5mm間隔

ただ、外れやすい、耳にフィットしない問題はストラップやイヤーフックを使えば解消します。(1000円~2000円程度で買えます)
充電ケースに入れないといけないので、外しやすいのを選ばないと失敗しますが。

 

音漏れ

 
これはEarPodsの時にも騒がれたことなのですが、穴が開いているのです。音を聴くところを除いて2つあります。
それがAirPodsでは、その穴がより大きくなり、5か所になってしまいました。

これだけ穴があれば音が漏れてもしょうがないかもしれません。

これはEarPodsでの話題なのですが、どうしてAppleが穴が開けたのかということについて

According to Apple, the holes enables the tiny little speaker diaphragms in these headphones to move back and forth without a vacuum impeding their outward progress….

References:
Why Would Apple Poke Holes in EarPods? A Triple-Pronged Theory
Why Apple Poked Three Holes In The New EarPods

要約すると、イヤホンを耳に装着すると、外耳道とイヤホン間に気密シールが形成され真空となるが、これらの穴はスピーカーの振動版が前後に自由に振動できるようにするためのもので、空気穴のおかげで真空にならないようにしている。結果として音響性能が良くなる。また、この気密シールによる真空のせいでしゃべる声が奇妙に聞こえるのを防ぎ、自然な声に聞こえるようにしているということでしょうか

これはEarPodsの穴の効果についてですが、AirPodsは穴の数、大きさも変化しているので更に他の理由もあるかもしれません

とまあ理屈はともあれ音質はどうなんだと
こちらにEarPodsとAirPodsのdB SPL(音圧) 特性を比較したものがあります。

Apple EarPods vs Apple AirPods Frecency Response
Reference: RTINGS.com

EarPodsの音質と概ね同じ程度ということですね。

 

見た目がうどん

 
第一印象がこれです。チンアナゴと言う人もいます。

バッテリーを入れたり、先端はマイクが設置されていたりとそれなりに入れ込まないといけないので仕方ないのでしょう
それは100歩譲ったとしても、せめて黒があればと思います。

シールを貼って自分用であることをアピールすることもできますが

 

まとめ

 
これだけ色々とデメリットを感じるのですが、iPhoneとのシナジー効果はやはりAirPodsならではです。

そもそもボタンがありません。選曲はダブルタップでSiriを起動して、「〇〇のXXの曲を再生」と言うだけで音楽再生ができます。
いちいちiPhoneを取出して、曲を選んで再生という作業が要らないのは、ちょっとリッチな気分です。

Apple Watchを持っていたらiPhone, Apple, AirPodsで最高の組み合わせ(になるようにAppleが作っているので)になります。Celluar対応のApple Watchであれば電話もできます。

iPhoneはBluetoothの音声圧縮にAACを使っていますが、AAC対応のBluetoothはあまりないので、安いBluetoothイヤホンだと音飛びなどしやすいでしょうね(接続はできるかもしれませんが)

スイッチボタンが無いのですが、AirPodsをダブルタップする、耳から外すなどの行動を察知して止めたり音楽再生したり。ちょっと他のBluetoothイヤホンではできない事が体験できます。


Apple AirPods
【アップル純正ワイヤレスイヤホン】
MMEF2J/A
完全ワイヤレスイヤホン
Bluetooth対応 マイク付き


 
 
Reference:
AirPods – Apple

ブックマークしておきましょう
このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする