Apple Watch に音楽を入れて聞く

iPhoneでAirPodsなどを使って音楽を聴くことができますが、Apple Watch単体でも可能です。ジョギングするならApple WatchとAirPods
 




Apple Watchで音楽を聴く方法

 
Apple Watchで音楽を聞くには、AirPodsなどのBluetoothイヤホンが必要です。Apple Watchにスピーカーはありますが音楽の再生には向いていません。
 
Apple Watchを使い方として2種類あります。
 
1.
iPhoneにある楽曲をApple Watch経由でAirPodsなどのBluetoothイヤホンで聞く
– Apple Watchで再生・停止などを手元での操作ができるメリットがあります。
 

 
2.
Apple WatchにiPhoneの楽曲を入れて単独で聞く
– iPhoneを持っていない状況でも可能、例えばジョギング中とか
 

 
ここでは、2.のApple Watchに楽曲を入れて単独で聞く方法について説明していきます。
 
 

Apple Watchに楽曲を入れる

 
最初にApple Watchに聞きたい曲を入れる必要があります。これはペアリングしているiPhoneを使います。
 
iPhoneの「Watch」アプリを開き、「ミュージック」を選択
 

 
新しく「ミュージックを追加」します
 

 
ミュージックを選択します。
アーティスト、アルバムなどiPhoneの設定に応じて選べます。
 

 
例えば「アーティスト」を選択します。
 

 
この「マイ・クラッシク」これは平原綾香の「Jupitor」が1曲だけ入っています
 

 
ミュージックのリストに追加されました。ただし、このままではアップデートはされません。画面の注意書きがあるように、
Apple Watchを充電中 !

にしないといつまでたっても楽曲にApple Watchには反映されません。
 
 

Apple Watchで曲を再生

 
Bluetoothイヤホンと接続:
AirPodsなどBluetoothイヤホンと接続します。
接続ができていない場合は「一般」から
 

 
Bluetoothを選択
 

 
AirPodsであればとりだせばすぐに接続できます。
 

 
曲を探して再生:
「ミュージック」アプリを開きます。
 

 
「ライブラリ」を選択(iPhone上にするとiPhoneにある曲の再生になってしまいます)
 

 
プレイリストやアーティストなどからも選択できますが、曲で探してみます。
 

 
曲のリストにiPhoneから転送した曲がありました。
 

 
これをタップすれば曲が再生されます。
 

 
AirPods以外にも、Bluetoothスピーカーも使えますね。

今さらですが、AirPodsが落ちやすいと思う人は多いかもしれません。耳の構造は個人差があります。

そんな時はストラップを付けるか、BeatsXなどのAppleから売っているものを買った方がいいかもしれません。


 

AirPods 用 ネックストラップ
 


 

Beats by Dr.Dre
ワイヤレスイヤホン BeatsX
 


 
Apple AirPods
完全ワイヤレスイヤホン
 

 
 
Reference:
Apple Watch で音楽や Podcast を聴く – Apple Support

ブックマークしておきましょう
このエントリーをはてなブックマークに追加





 
Qi ワイヤレス充電
10000mAh
充電バッテリー
 


 
大人気のスマホをガブッとかじっちゃう!かわいい奴ら!!iPhoneケーブルの断線保護に
ケーブルバイト カメレオン
 


 
Bose SoundLink Micro Bluetooth speaker ポータブルワイヤレススピーカー ブラック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする