Suicaを Apple Watch と iPhone 間で移動する

Photo by Daniel Korpai on Unsplash
Photo by Daniel Korpai on Unsplash

Apple WatchとiPhoneに同じSuicaを入れておき必要に応じて使い分けるということはできないのですが、簡単に移動させることができます。




SuicaをApple Watchから移動

 
以下の記事でSuicaをApple Watchに設定しましたが、これはiPhoneに設定したSuicaをApple Watchに移動させたようなもので、その逆も可能ということです。

Apple WatchにSuicaを入れ、クレジットカードでチャージ、改札を通ってみよう...と簡単に考えていたら、いろんなケースが...

どうしても両方にSuicaを入れたい場合は別のSuicaとして設定しないとできませんが、1つで簡単に行ったり来たりできればそれで済むこともあります。
 

 

Apple Watch から iPhoneへ移動

 
iPhoneの「Watch」アプリを開きます。

「Wallet と Apple Pay」を選択して起動します。

「My Suica」を選択

My Suica の下にスクロールすると、

「カードを追加:iPhone」というのがあるのでタップします。

カードの転送の画面で「次へ」を選びます。

カードがiPhoneに追加されました。

これで設定が終わりました。「完了」をタップ

 

iPhone から Apple Watch へ移動

 
Apple WatchからiPhoneへSuicaを移動させましたが、今度はiPhoneからApple Watchへ移動させます。

iPhoneの「Watch」アプリを開きます。

「Wallet と Apple Pay」を選択して起動します。

「My Suica」に「移動」があるのでそれをタップします。

Apple Watchをロック解除して装着していないとパスコードを求められます。
Apple Watchにコードを入力

「次へ」をタップ

設定が完了しました。
この後、数分程度は設定が反映するのを待てば使うことができます。

Reference:
Apple Pay に Suica を追加する - Apple Support

ブックマークしておきましょう
このエントリーをはてなブックマークに追加

AirPods
AirPods Pro
ケースカバー


キズや衝撃から守るシリコン素材




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする