iPhone, iPodをプロジェクターに接続してプレゼンするには

WindowsやMacを使ってプレゼンテーションするために重いPCを持って出張に行きたくない。と思ったことはないでしょうか。iPhone (iPad Pro) があればアダプターを使ってプロジェクターに接続してでプレゼンができます。





iPhone de プレゼンテーション

 
プレゼンテーションをする場合、色々なディスプレーが想定されます。プロジェクターや小さいグループの場合はPC モニターの事もあるかもしれません。

実際に私が経験したものでは、新しいプロジェクターではHDMIのインターフェース、昔ながらのD-sub, あるいはD-subでも古いタイプのものと色々です。

最近ではWiFiで接続するものもありますが、それ専用のアプリをインストールする追加の手間がかかりまだ普及には時間がかかりそうです。
 

 

HDMI

 
昔はアナログ信号でしたがデジタル信号が普及するにつれて規格されたのがHDMIです。映像・音声をデジタルで送受信する標準規格というところです。
iPhoneの場合物理的なコネクターはLightningしかありませんが、ここからHDMIに変換するコネクターがAppleから発売されています。(他メーカーから割安品がありますが純正品をお勧めします)
 
Lightning Digital AVアダプタ:


HDMIの出始めは1本5000円くらいの値段でしたが安くなりましたね。ただあまり安い粗悪品は性能が出ない事があるので最低4K, 3D対応であることを確認した方がいいでしょう。

HDMI ケーブル:


これをiPhone(iPad Pro等)に接続してHDMIケーブルでプロジェクターかPCモニターに接続するだけです。iPhone側では、表示したいドキュメントを開くだけです。
 

 
尚、他のメーカーから互換品が半値程度で売られていますが、HDMI はGbpsクラスの高周波帯域なので変なものを買うと失敗しますので注意です。尚これはHDMIケーブルの方にも言えることです。

 

D-Sub

 
D-Subには色々あるのですが、Windows PCでよくモニターに使っているのは15ピンのものです。
VGA端子とも呼ばれ、古くから存在している接続規格です。最近のPCやMacではHDMIが主流ですが、プロジェクター側が古いままということは時々あります。
 
Lightning-VGAアダプタ:


私はここで、裏技でHDMI-VGA変換コネクタを使いました。VGAでは周波数が低いのでということとシンプルにしたかったので、これを買いました。


HDMIのコネクターと一緒に使わないといけませんが、行った先のプロジェクタで何が使えるかは結構わからないことがあるので
 

 

アナログRGB

 
D-Subのコネクターなのですが、画面を表示させられないプロジェクターがありました。結構古いというか、初期のものです。
色々原因を探っていって、
DRM(デジタル著作権管理)が働いてデータ送信側が監視をしていて、それが対応していない古いプロジェクターの場合はデータ送信を拒否するような…
というようなことではないかと考えています。
 
実際にこのようなプロジェクターが存在したのですが
この場合の対応策としては

  1. 残念ながらWindows PCを持っていく
  2. 古いプロジェクターなので逆にRGBプラグがあったりするのでそれを使う

1. Windows PC でD-Subコネクターがあるものは使えるケースが多いです。
 
2. このケースでは、Lightning -> HDMI -> RGB の変換でしかも電源アダプターが必要になります。これは正直あまり考えたくないですね。


 
同型の白モデルで、アナログRGBポートに入力:
 
 
 
iPad -> Lightning Digital AVアダプタ -> HDMIケーブル -> HDMI to アナログAVコンバータ -> プロジェクター
という構成でやってみましたが、画面が揺れてしまいました。多分AVコンバータの電源をUSB供給にしたためでしょう。ACアダプターでやれば大丈夫でしょう。

以前にMac -> HDMIケーブル -> HDMI to アナログAVコンバータ -> プロジェクター
でやったことがあり大丈夫でした。

ブックマークしておきましょう
このエントリーをはてなブックマークに追加




 



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする