iCloudの写真をWindowsにダウンロードする

Apple IDが共通であれば、写真をiPhone、iPadやMacなどでiCloudを使って共有することができます。同様にWindowsでもiCloudを別途インストールすれば可能です。
 




iCloud

 
iPhoneで撮った写真をどうバックアップするかですが、iTunesでバックアップしてしまうと中を自由に閲覧しづらくなります。その点、iCloudでWindowsにダウンロードすると、そのままファイルとして管理できるメリットがあります。
 

 
WIndowsでiCloud.comに入り、iCloudの内容を個別に確認して整理することもできますが、全部まとめて落としてから整理する方法の一つです。

 

iCloudから写真をダウンロード

 
WindowsなのでiCloudは以下を参考にインストールしてください。
 

iCloud にWindowsからアクセスする
Apple IDが共通であればAppleのMacやiPhoneなどで写真やドキュメントをiCloudを使って共有することができます。Macと...
 
インストールが成功すると、ピクチャフォルダに iCloud フォト というフォルダができています。
 

 
この設定の他に以下の2つができています。

  • iCloud フォト
  • iCloud Drive
icloud-photo_01
icloud-photo_01

 
また、iCloudの設定ソフトはタスクトレイから起動できます。
 

 
これを開くと以下のメニューがあります。

  • iCloud フォト
  • iCloud Drive
  • iCloud 設定を開く
  • iCloud.comに移動


 
例としてiCloudにある写真をダウンロードする場合は「iCloud 設定を開く」から写真の「オプション」を選択して
 

 
「iCloud フォトライブラリ」にチェックをいれます。これでiCloudの写真にアクセスできます。
 

 
iCloud フォトから「写真をダウンロード」をクリックします
 

 
例えば「すべて」にチェックしてダウンロードします。(この場合年代別にすることも可能)
個別の写真をダウンロードしたい場合はiCloud.comから落とします。
 

 
ピクチャにある iCloud フォトには、
 

 
アップロード、ダウンロード、共有フォルダがあります
 

 
この中の「ダウンロード」フォルダに写真が落ちてきます。
 

 
iCloudの場合は時間がかかりますので、直ぐにはコピーされないので気長に待ちましょう。
 

 
写真が全てダウンロードされました。
 

 
写真がすべてダウンロードされた後は、整理してハードディスクに入れる、DVDにコピーするなどできますが、このiCloud フォトのフォルダーはiCloudと共有されるので、iCloud フォトライブラリの設定を外しておきましょう。

ブックマークしておきましょう
このエントリーをはてなブックマークに追加





 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする