iCloudにMacからアクセスできるようにする

Apple IDが共通であればMacから iCloud を経由してiPhoneの写真やドキュメントをやりとりができます。まずはMacからiCloudを設定する方法です。
 


 




iCloud.com

 
MacがiCloudを使って書類や写真を共有できます。同じ Apple ID で iCloud にサインインしているコンピュータおよび iPhoneなどの iOS デバイス上でそれらを最新の状態に保つことができます。
 
icloud-use-case
icloud-use-case

iPhoneで撮った写真を他のデバイスで見たり、Macで作成したドキュメントをiPadで読むなど
 
編集をいずれのデバイスで行っても書類の最新バージョンをいつでも表示できるメリットがあります。
また、MacやWIndowsではiCloud.comに入り、iCloudの内容を確認して整理することもできます。
 
 

MacのiCloud設定

 
iCloudの中を確認したり整理するだけであれば、iCloud.comにサインインを見てください。ここでは、書類などを常に最新にするため共有を継続させるための設定です。
 
MacをApple IDで共有します。「システム環境設定」の中に「iCloud」がありますのでクリックします。
 

 
Apple IDとパスワードでサインイン
 

 
Macのパスワードも要求されます。これはMac起動時に入力しているパスワードです。
 

 
「iCloudを使って書類とデータをしよう」と「Macを探す」の設定です。Macを探すではMacからiPhone, iPadなどApple IDを共有しているデバイスを探したり、逆にiPhoneなどからMacの位置を探したりすることが可能となります。
 

 
「次へ」をクリックしてiCloudで共有するものを個別に設定していきます。
 
例えばiPhoneとiCloudフォトライブラリを共有したい場合はチェックを入れます。
注意点として、iCloudは最初は5GBですがうっかり共有にチェックしているとiCloudがいっぱいになってしまうかもしれません。それにより、iPhoneのバックアップができないなどもおこります。
 

 
 

iCloud.comにサインイン

 
今までのところはMacの書類、写真などをiCloudで共有するかどうかの設定ですが、iCloudに何があるか確認して整理したり、個別にファイルを入れたり削除したりするために iCloud.com にサインインします。
 
ここでもApple IDを入れます。
 

 
パスワードを入力
 

 

 
2ファクタ認証でパスワードを要求される場合もあります。
 

 
iCloud.comに入りました。
 

 
例えば、「写真」に入ると
 

 
写真リストが見えます。これはiPhoneのフォトライブラリからiCloudを共有してアップされた写真です。いらない写真を整理する場合は、これを削除していきます。
 

 
また「設定」に入ると、iCloudの現在の空きストレージや共有デバイスが分かります。
 

 
 
Refernce: MacのためのPages: Pages で iCloud を使う

ブックマークしておきましょう
このエントリーをはてなブックマークに追加




AirPodsケースカバー
AirPodsをキズや衝撃から守るシリコン素材
フィギュアキーホルダー付き
ケースを付けたままワイヤレス充電

【モバイルバッテリー iPhone 大容量 ワイヤレス充電 Qi】
モバイルバッテリー ワイヤレス充電 大容量 10000mAh Qi iPhone 急速充電 充電器 ワイヤレス充電器 軽量 実効容量 急速 バッテリー おしゃれ ガラス画面

【アップル純正ワイヤレスイヤホン】
Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン
Bluetooth対応 マイク付き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする