iCloudにMacからアクセスできるようにする

Apple IDが共通であればMacから iCloud を経由してiPhoneの写真やドキュメントをやりとりができます。まずはMacからiCloudを設定する方法です。
 


 




iCloud.com

 
MacがiCloudを使って書類や写真を共有できます。同じ Apple ID で iCloud にサインインしているコンピュータおよび iPhoneなどの iOS デバイス上でそれらを最新の状態に保つことができます。
 

icloud-use-case
icloud-use-case

iPhoneで撮った写真を他のデバイスで見たり、Macで作成したドキュメントをiPadで読むなど
 
編集をいずれのデバイスで行っても書類の最新バージョンをいつでも表示できるメリットがあります。
また、MacやWIndowsではiCloud.comに入り、iCloudの内容を確認して整理することもできます。
 

 

MacのiCloud設定

 
iCloudの中を確認したり整理するだけであれば、iCloud.comにサインインを見てください。ここでは、書類などを常に最新にするため共有を継続させるための設定です。
 
MacをApple IDで共有します。「システム環境設定」の中に「iCloud」がありますのでクリックします。
 

 
Apple IDとパスワードでサインイン
 

 
Macのパスワードも要求されます。これはMac起動時に入力しているパスワードです。
 

 
「iCloudを使って書類とデータをしよう」と「Macを探す」の設定です。Macを探すではMacからiPhone, iPadなどApple IDを共有しているデバイスを探したり、逆にiPhoneなどからMacの位置を探したりすることが可能となります。
 

 
「次へ」をクリックしてiCloudで共有するものを個別に設定していきます。
 
例えばiPhoneとiCloudフォトライブラリを共有したい場合はチェックを入れます。
注意点として、iCloudは最初は5GBですがうっかり共有にチェックしているとiCloudがいっぱいになってしまうかもしれません。それにより、iPhoneのバックアップができないなどもおこります。
 

 

 

iCloud.comにサインイン

 
今までのところはMacの書類、写真などをiCloudで共有するかどうかの設定ですが、iCloudに何があるか確認して整理したり、個別にファイルを入れたり削除したりするために iCloud.com にサインインします。
 
ここでもApple IDを入れます。
 

 
パスワードを入力
 

 

 
2ファクタ認証でパスワードを要求される場合もあります。
 

 
iCloud.comに入りました。
 

 
例えば、「写真」に入ると
 

 
写真リストが見えます。これはiPhoneのフォトライブラリからiCloudを共有してアップされた写真です。いらない写真を整理する場合は、これを削除していきます。
 

 
また「設定」に入ると、iCloudの現在の空きストレージや共有デバイスが分かります。
 

 
 
Refernce: MacのためのPages: Pages で iCloud を使う

ブックマークしておきましょう
このエントリーをはてなブックマークに追加





 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする