Apple Watch の面倒なパスコードを簡単にする

Photo by Nanda Green on Unsplash
Photo by Nanda Green on Unsplash

Apple Watch にSuicaを設定したのですが、外して装着するたびにパスコードを要求されます。

一度パスコードを外したらとんでもない面倒なことになってしまった。でも簡単にする方法がありました。




パスコード

 
Apple WatchもiPhoneと同じように個人情報が入っています。そのためパスコードでロックすることが可能です。

特にSuicaを入れているときは勝手に使われたくないのでロックさせたいですね。でも、時々面倒だと思うこともあります。様々な設定がありますので確認しておきましょう。
 

 

iPhoneでロックを解除

 
iPhoneをロック状態から、顔認証などでiPhoneのロック解除と同時にApple Watchもロック解除させることができます。

「Watch」アプリを開きます

「パスコード」を選択

「iPhoneでロックを解除」がオフになっていますが、これをオンにスライドします。
(パスコードがオンになっている前提です)

Apple Watchにパスコードを入れます。

「iPhoneでロックを解除」がオンになりました

これでApple Watchを装着して、iPhoneのロックを解除すると以降はApple Watchのパスコードを省略できます。

iPhoneでロックを解除:
Apple Watch → 外している → 装着

→iPhoneをロック状態から、顔認証などでiPhoneのロック解除と同時にApple Watchも解除

注)iPhone側が既にロック解除されていると、一度ロックさせてから解除操作が必要になります。

 

手首検出を外す

Suicaなどを使う時はパスコード入力が必要ですが、それ以外の装着しただけでパスコードが必要なのが面倒だという場合は、手首検出をオフにすることもできます。

ワークアウト中などで一時的に意図しないタップを防ぐことができます。

「手首検出」のオフ操作で、Apple Watch にパスコードを入力

以下の注意事項を確認確認して「オフにする」をタップします

この手首転出がオフの場合に一時的にロックを掛ける事ができます。

Apple Watch画面の下部をタッチして押さえたままにしてから、上にスワイプしてコントロールセンターを開きます。ロックボタン をタップします。

これを設定するとトップの画面から移動するとパスコードを要求されます。

 

その他パスコード関連

パスコードに関係する機能は他にもあります。iPhoneの「Watch」アプリあるいは、Apple Watchの「設定」「パスコード」から設定が可能です。

 

パスコードをオフにする

最初の設定でパスコードを入れて面倒な時はここでオフにできます。

但し、SuicaなどApple Payを使っているときにこれをオフすると大変なことになります。
一度地下鉄内でオフにして、改札を出るために相当時間をかけて調べるはめになりました(汗

Apple Watchにパスコードを入力します

これでApple Watchのパスコードは解除されました。

 

パスコードを変更

Apple Watchの画面が小さいので数字の場所によっては打ちにくいことがあります。そういう場合はパスコードを変えることもここでできます。

 

簡単なパスコード

4桁の数字で設定すると簡単ですが、どうしてもセキュリティ上心配な人は数字を増やすこともできます。

  • 通常のパスコード
    • 10桁までの数字
  • 簡単なパスコード
    • 4桁までの数字
 

データを消去

失くしたり盗難にあった時のために、間違ったパスコードでロック解除が10回連続で試行されるとデータを消去する設定です。

以前は、パスコードが何かに触れて誤動作してこのデータ消去になったりしたことが多発したことがあります。
その後、コード入力が簡単にできない対策が施されたのですが、今度は認識が悪くなって入力したつもりが数字が入っていないことでエラーになることがありました。
現状は改善されているようです。
 
 
 
Reference:
Apple Watchのロックを解除する – Apple

ブックマークしておきましょう
このエントリーをはてなブックマークに追加

AirPods
AirPods Pro
ケースカバー


キズや衝撃から守るシリコン素材




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする