iPhoneには AirPods か BeatsX どちらがいのか比較してみた

OR

 
iPhoneで使うイヤホンだけど、AirPodsだけしかないのでしょうか?AppleのShopには他のイヤホンやヘッドセットがあるのですがどう違うのでしょう。BeatsXとPowerbeats3 WirelessというBletoothイヤホンを比べてみました。

Beats by Dr.Dre

BeatsXとPowerbeats3 WirelessはBeats by Dr.Dreのブランドです。アメリカではこだわったデザインと音質で高いシェアを持っていたのですが、2014年にAppleによって買収されました
 

 

スタイルと色

 
それぞれのスタイルと色について見てみると、AirPodsが完全ワイヤレスということが大きな違いです。

カラーバリエーションもAirPodsは白しかないので、ちょっと目立つので苦手な人もいるでしょう。うどんだのチンアナゴとか言われてしまいます。BeatsX(ベッキーがCMで宣伝していましたが)には黒もあります。

Powerbeats3はツートンカラーのバリエーションがたくさんありますが、会社でしていると睨まれそうな気がします。それに実物はイヤーフックなどで「ちょっとでかい」という感じがしました。これはどんな耳の構造にも対応させるためでしょう

Model AirPods BeatsX Powerbeats3 Wireless
完全
ワイヤレス
装着方式 インナーイヤー型 インイヤー型
(カナル型)
イヤーフック
インイヤー型
(カナル型)
カラー ホワイト ブラック
サテンシルバー
ブラック
他バリエーション

AirPodsがインナーイヤー型つまり開放型であるのに対してBeatsXとPowerbeats3 Wirelessはカナル型なので密閉型です。(Appleはインイヤー型と言っていますが分かりにくい)

カナル型が苦手だが開放型は耳から落ちそうだという人はイヤーフックの付いているPowerbeats3 Wirelessがいいかもしれません。イヤーピースを緩めにするなどできそうです。

カナル型のメリットデメリット:

  • 音漏れが少ない
  • 外の雑音が聞えない
    • 聞こえないことで人にぶつかったりするデメリットもある
  • 低音と細かな音の表現力
  • 長時間つけていると疲労感
    • 個人的にこれがあるので長くはできない
  • イヤーピースで装着感を調整
    • 個人の耳の違いに対応するため

インナーイヤー型のメリットデメリット:

  • 解放型なので空気感も感じ取れるような臨場感がある
  • 長時間つけても疲労感が少ない
  • 音漏れしやすい
    • 特にAirPodsは密着性を上げるための空気抜き穴がある
  • 個人の耳の形でまったく合わない人もいる

音については、iPhoneにはイコライザがついているのである程度調整できますので、低音を強調したりそれなりに可能です。

また、ジョギングなどをすると落ちやすいと感じます。これはどうも個人差があるので、
iPohneについているEarPodsがうまく耳に装着できない人にはAirPodsは同じような形状なので向いていません。

Appleの完全にワイヤレスのBluetoothイヤホン、AirPodsです。あの面倒なワイヤーが無くなって耳につける2ピースなのですが、小...
 

音質

 
dB SPL(音圧) 特性を計測しているところがありました。

AirPods:
AirPods Frequncy Response
低音が良くないという意見を聞くのですが90Hz以下ではレベルが下がっています。
iPhoneに付属している有線のEarPodsもこのような感じでほぼ似た特性(個人的には)だと思います。
EarPods Frequncy Response
 
BeatsX:
BeatsX Frequncy Response
これを見るとBeatsXはTrebleで少しレベルが下がりますがBass領域を含めて全体的にフラットです。
AirPodsと比較して低音のレスポンスはいいようです。
イヤーピースは意外と重要で、耳にフィットさせればそこそこの音を楽しめそうです。
 
Powerbeats2 Wireless:(Powerbeats3 Wirelessの1つ前の型ですが)
Powerbeats2 Wireless Frequncy Response
 
Reference: RTINGS.com

一応、iPhoneのミュージックアプリにはイコライザ機能があるので、多少低音を上げたりは出来ない事はないです。

バッテリー

バッテリーがどのくらい長持ちするのかは気になるところです。

Model AirPods BeatsX Powerbeats3 Wireless
充電再生時間 5時間再生
充電ケース使用で
24時間持続
最長8時間持続 最長12時間持続
充電時間 15分で3時間再生 or
1時間以上の連続通話
5分の充電で
約2時間再生
5分間充電で
1時間再生
充電方式 充電ケース
Lightningケーブル
付属の
USBケーブル
付属の
USBケーブル
その他 ワイヤレス充電?

AirPodsは充電ケースを持っていれば24時間使えるようですし、BeatsXなど5分程度の充電でそこそこ充電できるようです。
また、AirPodsの充電ケースはワイヤレス充電方式にすることをは発表しているので、そのうちにそういうモデルが出るかもしれません。

 

機能比較

それぞれメインのプロセッサはAppleのW1チップを使っているので、他のBluetoothイヤホンよりはiPhoneとの親和性はあります。

Model AirPods BeatsX Powerbeats3 Wireless
Bluetooth互換性 Bluetooth4.2 Bluetooth4.0 Bluetooth4.0
メインプロセッサ Apple W1チップ Apple W1チップ Apple W1チップ
Siriとの連動 Yes
ダブルタップ
Yes
RemoteTalkリモコン
Yes
RemoteTalkリモコン
電話通話(マイク) Yes Yes Yes
取り外し検知 Yes No No

機能としては同様のことができますが、やはり細かな左右毎の設定などはAirPodsの方がいろいろできます。AirPodsの操作いろいろ

Powerbeats3 Wirelessのいいところがありませんが、これは耳にフィットさせることのできるイヤーフックがポイントですね、動きの激しい場面でも落ちにくいでしょう。

自分にあったものを選んではどうでしょうか?
 

完全ワイヤレスなのでバッグの中で絡まることは一切ありません

Apple AirPods
【アップル純正ワイヤレスイヤホン】MMEF2J/A
完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き




音のバランスが良く、Siriを使うなどiPhoneとの親和性を重視するなら

Beats X
Beats by Dr.Dre
ワイヤレスイヤホン BeatsX



動きの激しい場面ではイヤーフックの効果が絶大、音楽を聴きながらのトレーニングに向いている

PowerBeats3 Wireless
Beats by Dr.Dre ワイヤレスイヤホン

 
 
References:
AirPods – Apple
BeatsXイヤフォン – Apple
Powerbeats3 Wirelessイヤフォン – Apple
Powerbeats3 Wirelessイヤフォン Only at Apple
ワイヤレスイヤホン「AirPods」に新製品登場か?–Appleニュース一気読み




ブックマークしておきましょう
このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする