iPhone 写真を簡単に転送する。AirDropを使って

友達にのiPhoneに面白写真を転送したり、Macから転送して持ち出したいことが時々あります。ケーブル無しで簡単にササッとできます。
 


iPhone 7

 

AirDrop

 
AirDropは設定さえ済めば後はいたって簡単です。但し注意として

MacとiPhoneの画像転送の例:

これは、Bluetoothでお互いを認証して、ファイルの転送はWiFiを使っているのだと思います。その昔そう言った仕様を作っていると聞いたことがあるので。いちいちIDとパスワードを入れなくて済むわけです。
 
ではセキュリティ的にはというと、AirDropの場合はApple IDが分からない場合でも許可の選択できますので友達から画像をもらうことも可能なわけです。
 
またBluetoothなのでせいぜい10mで屋内範囲に無いとできないわけで、サーバーからダウンロードみたいな遠隔操作には向きません。
 
それ以外に、OSのバージョンがあっていないなど、常に最新にバージョンアップしておきます。
 

 

使用するための準備

 
iPhoneのコントロールセンターを画面下から上へスワイプして表示させます。
 

 
AirDropの表示が「受信しない」あるいは黒文字色はoff状態ですからタップして
「連絡先のみ」を選びます。これでMacでiPhoneが見えないときは「全員」を選択して試します。
 

 
表示が「連絡先のみ」のように変わり、白く活性化しています。
 

 

Macから画像ファイルを転送

 
Macの「AirDop」を選択、近くにiPhoneがあるのがわかります。
 

 
iPhoneが見えない場合は「Macを検出可能な相手」を「全員」にしてみます。iPhoneも同じく「全員」にします。
 

 
画像ファイルをこの相手先にドラッグ&ドロップします。
 

 
「連絡先のみ」で転送した場合はiPhone側で通知が表示され直ぐに保存されます。
 

 
写真アプリが開き、転送された画像が表示されます。
 

 
一方「全員」を選択している場合は、確認のダイアログが表示されるので。知らない人からであれば「辞退」も選べます。
 

 

iPhoneから画像を転送

 
今度はiPhone側からMacへ画像を送って見ましょう。
 
「写真」アプリを開くと先ほどの画像ファイルがあります。左下にある共有アイコンをタップします。
 

 
左中央のMacユーザーのアイコンをタップすると転送が始まります。
 

 
MacのDownloadsに画像ファイルが転送されました。
 

 
Macでの受け取りも「全員」を選択している場合は、確認のダイアログが表示されるので。知らない人からであれば「受け付けない」も選べます。
 

 

iPhoneから別のiPhoneへ転送

 
これは、友達 に画像を渡したいというようなケースです。

やり方は、iPhoneからMacに画像を送った時と同じです。
写真アプリを開いて送りたい写真で共有アイコンをタップすると
 

 
共有できる相手が見えるのでタップして転送します。
 

 
「受け入れる」をタップして画像を取り込むことができました。
 

 

AirDropが使えないケース

 
うまくいかない場合は以下のような事が考えられます。
 
iOS デバイスに iOS 7 以降であること:
iPhone4あたりまでで、iOSをアップデートしてないといけません
 
インターネット共有」がオフ:
「設定」「モバイルデータ通信」から「インターネット共有」がオフになっているか確認しましょう。
 
AirDropの機能制限をOff:
例えばコントロールセンターを開いて「AirDrop 受信しない」となっていてタップしても設定できない場合。
 

 
通常機能制限はオフになっているのですが、何かの理由で「AirDrop」がオンなっています。これは「制限がオン」という意味なのでオフにしないといけません。
 
「設定」「一般」「機能制限」をタップ
 

 
パスコードを入力(例えば「0000」など)
 

 
「AirDrop」だけオンになっていますのでオフにします(トグルボタンの緑が見える状態)
 

 
これでコントロールセンターでAirDropの設定ができたと思います。

iPadから送れるがiPhoneから送れない:
お互いにAirDropから見えていて、iPad側からはiPhoneに送れるのに、iPhone側から送れない、エラーになるという状態です。
iPhoneを「機内モード」にします。WiFiとBluetoothはオフになるので、この2つだけオンにしてから送信を試みるとできるようになります。一度できるようになると後は機内モードに入れなくてもできるようになります。

 

Reference:
AirDrop を使って Mac からコンテンツを送信する


ページのトップへ戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする